ムカデ スピリチュアル。 虫の知らせで宝くじ高額当選 縁起の良い虫

ムカデの霊的意味は?言い伝えにはどんな事があるの?

ムカデ スピリチュアル

足がたくさんあり見た目もグロテスクに感じてしまうムカデですが、意外にも暗示しているのは縁起の良いことというのをご存知ですか。 なぜ、縁起が良いことの暗示になるのかを常識として知っておけば、これからムカデに遭遇した時も受け止め方も変わるのではないでしょうか。 商売繁盛を暗示するわけ ムカデは沢山の足があるのが特徴ですが、昔から 商売繁盛を暗示しているとおりわれています。 なぜ商売繁盛を暗示しているかといえば、ムカデには沢山の足があるためにお店に 客足がつくというふうに考えられるようになったからです。 客足が多くなるということはそれだけ利益が上がるので商売繁盛に結びつくと言われるようになりました。 これまで、びっくり仰天していたムカデでも商売をしている方にとっては縁起物だという感覚で見ることができるようになりますね 勝利を暗示するわけ また、ムカデが暗示するもう一つの良いこととして「 勝利」があります。 なぜ勝つということを暗示するかといえば、ムカデの性質として 前進することは可能なのですが後退ができないからです。 そのため前を見てまっすぐ進むということから勝利に向かって突き進むことができるように受け止められるようになりました。 そのために、戦国時代にも戦では勝ちに行くことが必要なので縁起を担ぐために、ムカデを家紋や旗印として使っている所もありました。 ですから、これから受験を控えている方がムカデを見た場合、受験の際に合格を勝ち取ることができるという縁起の良い方向で考えてみれば、一概に驚くだけではなくプラス思考が出来るようになるでしょう。 スポンサードリンク まとめ ムカデといえば噛まれたら大変危険だと言う思いもある上に、足が沢山あって気持ち悪いと思う方もほとんどでしょうが、このように商売繁盛や勝利を暗示している意味合いもあるのでとても縁起が良いとされる面もあります。 これからムカデに遭遇してしまってもプラスに考えて行くことができるようになりますね。 スポンサードリンク.

次の

赤城山の神様から要求されたお供え物は○○○○でした【スピリチュアル】

ムカデ スピリチュアル

縁起の良い虫 この虫を見たり、身体にとまったら宝くじ高額当選の予兆? 縁起の良い虫たちのご紹介です。 てんとう虫 天道虫 てんとう虫は、下から上に向かって移動する習性を持ち、太陽に向かって飛んでいくように見えることから、天道虫 てんとうむし と呼ばれ、幸せを運んでくれる虫として、世界的に縁起の良い虫と言われています。 てんとう虫が身体にとまると幸せがやってくると言われていて、手にとまると結婚が近いサイン、身体にとまると、どんな心配事も一緒に飛んで行ってしまうなど、様々な国で幸福を運ぶ虫と言われています。 マリア様の使いなどと、てんとう虫が呼ばれている国もあるそうですよ。 そういえば、某掲示板で第761回BIGの1等に当選された方が、当選の1週間位前に頭にてんとう虫がとまったとか… てんとう虫さん、私の身体空いてますよ 春日風 トンボ トンボは「勝虫 かちむし 」とも呼ばれ、古くから縁起の良い虫と言われています。 なぜトンボが勝虫と言われるようになったかと言うと、雄略天皇が、狩に出かけた際に、腕を刺したアブをトンボがくわえて飛び去った事から、強い虫、縁起の良い虫ということで勝虫と呼ばれるようになりました。 また、絶対に前に飛び、後ろに下がらないことから、勇猛果敢で勝負強い虫として、勝利を呼ぶ虫と言われ、兜の前立てや武具に用いられたりしています。 次の虫からは、リアルな虫が苦手な方もいそうなので可愛いイラストで紹介します。 コガネムシ 黄金虫 名前から金運アップに良さそうな黄金虫 こがねむし。 その名の通り、現れるとお金が貯まる縁起の良い虫とされています。 でも、この歌の「黄金虫」は次に紹介する虫との説もあります。 タマムシ 玉虫 タマムシ 玉虫 は、古くから宝石等と同じように珍重され、別名「吉丁虫」とも呼ばれ縁起の良い虫と言われています。 先ほど紹介した童謡「黄金虫」の黄金虫は、この玉虫という説もあります チャバネゴキブリとの説も…。 この宝石のように輝いているタマムシ、奈良県斑鳩町の法隆寺が所蔵する「玉虫厨子 たまむしのずし 」の金銅金具の下に装飾のためにタマムシの羽が入れてあるそうです。 装飾に使われるほどキレイな?タマムシですが、タンスに入れておくと着物が増え、財布に入れているとお金が増えると言われています。 でも、タマムシが財布に入っていたらちょっと怖い… ムカデ ムカデも、前に進む事しかできず後退しない事から、上記のトンボ同様、縁起の良い虫と言われています。 でも、縁起が良いからといって捕まえたりしないでくださいね! 噛みますから… 縁起の良い虫 まとめ 日々の生活の中で目にする虫たちですが、調べてみると様々な縁起の良いと言われる虫達がいます。 そんな虫たちが目の前に現れたり、身体にとまったりしたら、宝くじ高額当選のチャンスかもしれません。 第六感ではない本当の「虫の知らせ」を、体験して高額当選してみたいですね。

次の

毘沙門天の百足(むかで)

ムカデ スピリチュアル

ムカデは、頭の部分と奇数数の体節から成り立つ胴部で出来ています。 体の節からは左右に一対の足が生えています。 ムカデの種類によって、体節は15~173個以上もあるそうです。 ひとつの体節から一対の足が出ているのですから、足の少ないムカデでも30本の足があることになります。 ムカデは、そのたくさんある足を上手に使い前へ前へと進みます。 決して、後退することも振り返ることもしません。 それは、まるで大勢の人が一糸乱れぬ状態で行進をしているかのよう。 そのことから、ムカデには、「前進」という意味がこめられています。 また、ムカデの胴部分は多くの体節から成り立っています。 このたくさんある体節を人と見立てて、大勢の人から「協力」を得ることが出来るということを表わしています。 そのため、ムカデには大勢の人のサポートを受けながら目標に向かって前進していくことが大切だというスピリチュアル的メッセージが込められているのです。 武田信玄の甲冑には、ムカデの柄があしらわれています。 ムカデは、自分に危害が及ぶかもしれないと察すると、蛇やネズミのように自分よりも大きな敵だとしても果敢に立ち向かっていきます。 どんな強敵であっても、後退することなく、自分の武器である猛毒を使って相手を打ち負かそうと挑んでいきます。 武田信玄がいた戦国時代は、戦いに勝つことが何より大切でした。 そのため、ムカデのように勝利に向かって勇往邁進する姿が武田信玄を初めとする戦国武将に好まれていました。 そして、 験担ぎとして兜や甲冑、旗などにムカデの模様や絵があしらわれていたのです。 戦いのときに必要な兜や甲冑、刀などの武器の材料は、主に鉄のような金属や革などが用いられていました。 この鉄などの金属は、鉱山で発掘されます。 また、戦をするには、膨大な費用が必要となります。 武田信玄一族は、鉱山から採掘した金を費用にしていたそうです。 この金を掘っていた人達のことを武田家金堀衆(通称: ムカデ衆)名付けられていました。 このムカデ衆は、常は金を採掘していましたが、戦の際には伝令役や工兵部隊として活躍していました。 このように、武田信玄は験担ぎに活用したり戦略部隊として活躍させたりして、ムカデのことをずいぶん気に入っていたことがお分かりいただけるでしょう。 聖神社でムカデが金運向上の御朱印にあしらわれているのは、鉱山で和銅が採掘されたからという理由だけではありません。 昔、お金のことを銭のほか、料足や要脚という言葉が用いられていました。 これは、何かをするために必要な経費ということで、足という言葉をお金という意味で用いていたのです。 また、お金は足のように動く物という意味もありました。 ムカデは、漢字で百足と書きます。 百もの足があるムカデは、たくさんのお金という意味や客足が伸びる(付く)暗示となるため、商売繁盛、利益に繋がるといわれています。 また、どんな相手に対しても果敢に立ち向かっていく姿から、商談やプレゼンなどにおいて、ライバルに勝ち成果を上げることが出来るとも考えられています。 そのため、ムカデは金運向上を期待できる縁起の良い生き物だとされているのです。

次の