の づ ひで あき 大学。 がんゲノム医療部門

伊藤英明

の づ ひで あき 大学

jp 名前:今 明秀 こん あきひで 生年月日:1958年 出身地:青森県 今明秀(こんあきひで)の経歴 今明秀さんは、 1958年に、 青森県で生まれたとのことです。 少年期のエピソードの情報は 発見できなかったので省きますが、 1983年に 自治医科大学を卒業しているので、 医療にとても興味を持っていたのは、 間違いないですね! そして、1983年には、 青森県立中央病院で研修員として 活動していました。 ですが、 その病院で活動し始めてから二年後に、 とある事件が起きました。 今明秀さんが当直のときに、 刃物で刺されて 重症を負った患者が 運ばれてきたとのことです。 まだ研修医だった今明秀さんは、 経験も知識も浅かったので、 どのように治療すればよいのか、 わからなかったとのことです。 なので、他の外科医の方を呼んだのですが、 待っている間に患者さんは、 亡くなってしまったとのことです・・・ このような出来事はよくあるとのことなのですが、 それを実際に経験した今明秀さんは、 外科医としての自信をなくしてしまった とのことです・・・ 自分の力不足を、 痛いというほど 痛感してしまったのでしょうね・・・ 青森県立中央病院での 研修が終わった後は、 僻地医療をメインに活動していましたが、 僻地というだけあって、 急患の連絡が来ても、 山間部の峠を超えるのに時間がかかってしまい、 そのまま間に合うことができなかった・・・ ということが何度も起きたとのことです。 この経験が、 今明秀さんが 八戸ERを作る きっかけになったとのことです。 その後は、さらなるレベルアップを目指し、 外科医になりました。 外科医になったことで、 重症救急に関わる機会も多くなり、 自分のスキルアップに 大きく貢献できたとのことです。 外科医になって仕事をしている間も、 故郷の青山では僻地医療が上手くいっていない ことがとても気になっていたとのことです。 とても故郷思いな方ですよね! 今明秀(こんあきひで)は地元との協力で八戸ERを作った! そして、2004年に、 青森県に 一流の医療センターを作りたい! と、本格的に夢を叶えようと活動し初めました。 ですが、実際に作ろうとしてみると、 多くのお金や人員が必要でした。 医師としての実力や思いだけでは、 乗り越えられない大きい壁ですよね・・・ ですが、そんなことで諦めきれない 今明秀さんは、地元民と地道に、 様々な方と 何度も交渉を重ねたとのことです。 そうして、地元民と協力関係を結ぶことができ、 2007年に ドクターヘリ法案が成立したとのことです。 このドクターヘリ法案が成立したことによって、 国からの財源を獲得することができたとのことです。 本当に素晴らしいですよね! 地元民と協力して国まで 味方につけることができるなんて、 今明秀さんの思いは本物だったのですね! そして、2009年には、 ドクターヘリ体制を八戸に 確立することができました。 山間を自由に移動できるようになったので、 多くの患者を救うことが できるようになったとのことです。 そして現在に至るまで、 数多くの新技術を取り入れ、 現在では24時間、 どんな患者でも受け入れると、 八戸ERは救命緊急センターとして 大きく成長しました。 最後に 今回は、今明秀さんについてまとめました。 数々公開や挫折を味わいながらも、 地元を一番に考える、 とても素晴らしい方でしたよね! 今では多くの患者さんを救っているので、 感謝してもしきれない方ですよね! これからも、多くの命を救えるよう、 応援しています! 終わり.

次の

夛田 彰秀|社会環境デザイン工学コース|長崎大学工学部工学科

の づ ひで あき 大学

jp 名前:今 明秀 こん あきひで 生年月日:1958年 出身地:青森県 今明秀(こんあきひで)の経歴 今明秀さんは、 1958年に、 青森県で生まれたとのことです。 少年期のエピソードの情報は 発見できなかったので省きますが、 1983年に 自治医科大学を卒業しているので、 医療にとても興味を持っていたのは、 間違いないですね! そして、1983年には、 青森県立中央病院で研修員として 活動していました。 ですが、 その病院で活動し始めてから二年後に、 とある事件が起きました。 今明秀さんが当直のときに、 刃物で刺されて 重症を負った患者が 運ばれてきたとのことです。 まだ研修医だった今明秀さんは、 経験も知識も浅かったので、 どのように治療すればよいのか、 わからなかったとのことです。 なので、他の外科医の方を呼んだのですが、 待っている間に患者さんは、 亡くなってしまったとのことです・・・ このような出来事はよくあるとのことなのですが、 それを実際に経験した今明秀さんは、 外科医としての自信をなくしてしまった とのことです・・・ 自分の力不足を、 痛いというほど 痛感してしまったのでしょうね・・・ 青森県立中央病院での 研修が終わった後は、 僻地医療をメインに活動していましたが、 僻地というだけあって、 急患の連絡が来ても、 山間部の峠を超えるのに時間がかかってしまい、 そのまま間に合うことができなかった・・・ ということが何度も起きたとのことです。 この経験が、 今明秀さんが 八戸ERを作る きっかけになったとのことです。 その後は、さらなるレベルアップを目指し、 外科医になりました。 外科医になったことで、 重症救急に関わる機会も多くなり、 自分のスキルアップに 大きく貢献できたとのことです。 外科医になって仕事をしている間も、 故郷の青山では僻地医療が上手くいっていない ことがとても気になっていたとのことです。 とても故郷思いな方ですよね! 今明秀(こんあきひで)は地元との協力で八戸ERを作った! そして、2004年に、 青森県に 一流の医療センターを作りたい! と、本格的に夢を叶えようと活動し初めました。 ですが、実際に作ろうとしてみると、 多くのお金や人員が必要でした。 医師としての実力や思いだけでは、 乗り越えられない大きい壁ですよね・・・ ですが、そんなことで諦めきれない 今明秀さんは、地元民と地道に、 様々な方と 何度も交渉を重ねたとのことです。 そうして、地元民と協力関係を結ぶことができ、 2007年に ドクターヘリ法案が成立したとのことです。 このドクターヘリ法案が成立したことによって、 国からの財源を獲得することができたとのことです。 本当に素晴らしいですよね! 地元民と協力して国まで 味方につけることができるなんて、 今明秀さんの思いは本物だったのですね! そして、2009年には、 ドクターヘリ体制を八戸に 確立することができました。 山間を自由に移動できるようになったので、 多くの患者を救うことが できるようになったとのことです。 そして現在に至るまで、 数多くの新技術を取り入れ、 現在では24時間、 どんな患者でも受け入れると、 八戸ERは救命緊急センターとして 大きく成長しました。 最後に 今回は、今明秀さんについてまとめました。 数々公開や挫折を味わいながらも、 地元を一番に考える、 とても素晴らしい方でしたよね! 今では多くの患者さんを救っているので、 感謝してもしきれない方ですよね! これからも、多くの命を救えるよう、 応援しています! 終わり.

次の

夛田 彰秀|社会環境デザイン工学コース|長崎大学工学部工学科

の づ ひで あき 大学

氏名 高野 龍昭 Takano Tatsuaki 自己紹介 大学卒業後、医療ソーシャルワーカーと高齢者分野の社会福祉士の業務を経て、ケアマネジメントがわが国に導入される萌芽期に介護支援専門員(ケアマネジャー)をしていました。 通算19年の相談援助の現場実践を重ねたあとに東洋大学で教員に転じ、今日に至ります。 その相談援助の実務のなかでは、常に社会制度への批判的視点をもち、世の中の非条理な事象に心を痛めてきました。 そうした視点や経験を、大学での研究と教育の基盤としています。 保有資格:社会福祉士・介護支援専門員 受験生へのメッセージ 生活支援学専攻は、他のどんな大学よりも教員と学生の距離が近いことが最大の特徴です。 緑豊かな朝霞キャンパスで、教員と学生がお互いのことを理解し合いながら学び合うことができます。 また、学生については、入学時から卒業までの「伸びしろ」が大きい点も特徴です。 私たち教員も、日本の介護や社会福祉の実践現場で、今後の中核を担うべき人材を育てている自負があります。 本学部では、私自身、学生の資格取得(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士)のための国家試験対策もお手伝いをしています。 多くの学生と、ともに学びたいと思います。 専門分野・研究テーマ 高齢者のケアマネジメントにおける援助方法と高齢者介護の制度・政策のシステムを専門分野にしています。 在宅・地域での介護サービスの展開にまつわるさまざまな問題に食らいついて研究の糸口を探しています。 最近は、経済的に困窮な高齢者の介護サービスにおける問題に関心があり、養護老人ホームを対象とした調査・研究も行っています。 また、今後は、介護の思考と実践方法である介護過程の教育方法について研究をしたいとも思っているところです。 主要業績 著書(共著)• 『忙しい現場のためのMDS-HC入門』医学書院,2001年• 『ソーシャルワーカーのための介護(第2版)』有斐閣,2007年 著書(単著)• 『これならわかる〈スッキリ図解〉介護保険』翔泳社,2012年 その他• 介護保険• 高齢者福祉• ケアマネジメント• ケアプラン• 情報の非対称性• 準市場(疑似市場).

次の