マス・コミュニケーション学科。 社会学部メディアコミュニケーション学科

マスコミュニケーション学科

マス・コミュニケーション学科

4年生の卒論発表会が1月25日開かれ、各ゼミ代表による11題目の発表があった=写真上。 論文のテーマは、伝統行事「頂載」の担い手確保、コンピューターを使わないプログラミング教育、広島市の「水辺のオープンカフェ」事業への提案、ローカル線への「参線」パンフレット作製-など時代を映した多彩な内容。 パワーポイントを使ったり、別資料を配布しながら、7分の持ち時間をいっぱいに利用して成果を披露した。 映像作品は、「ドラゴンフライズの試合のダイジェスト版作成」と、「言語文化学科の福祉施設向け広島弁ガイドDVD作りの記録」の2点。 いずれも時間をかけて撮影し、編集した力のこもった作品だった。 来年は自分たちの番となる3年生からの質問も活発=写真下。 発表する側、聞く側の間に快い緊張感が漂う2時間だった 比治山祭の2日間、高石ゼミ4年の2名(森兼拓也、向井藍子)で卒業論文「広島県内のローカル鉄道」に関する展示をした=写真。 夏休みに芸備線、木次線、福塩線の駅を一つ一つ訪れ、付近の人に取材したり、カメラに収めた。 それをもとにした10枚の手書き壁新聞やスナップ写真を展示し、動画も流した。 来訪者に答えてもらう鉄道クイズも考えた。 取材では思わぬ発見があった。 その一つが備後落合駅の駅表示板。 昔の時刻表を書いた板を転用していたことが、写真を撮って初めて分かった。 こうしたローカル鉄道ならではの面白さを知ってもらい、鉄道にも乗ってもらいたいとの思いから、大学祭での展示を思い立った。 特に宣伝をしなかったので来場者数に不安があった。 しかし予想を遥かに超える約300人の方に来ていただいた。 (4年・森兼拓也) ブースではゼミ生の説明も 第1回オープンキャンパスが6月9日にあり、マスコミュニケーション学科には高校生26人が来てくれました。 午前中は、学科の説明のあと5つのグループに分かれ、7人の教員のブース巡りです。 グループそれぞれにフェローが付き、各ブースがきっかり5分になるよう時間を測りながら回りました。 去年とレイアウトを変えたので、流れもスムーズになりました。 お昼からは、もう少し話を聞きたいという高校生や入学希望の方が来てくれました。 ほかの学科希望だったがパンフレットを見ていて興味がわいたという人もいて、うれしかったです。 入試方法や授業の内容などの質問に、上手く答えることが出来たかどうかわからないけれど、納得して帰っていただいたので少しは役に立ったのかなと思いました。 先輩のフェローを見ると、後輩への指示出しや高校生への入試に関するアドバイスの的確さなど、あらためて凄さを感じました。 (2年 木原 美咲) 入学式が3日、広島国際会議場で開かれ、マスコミュニケーション学科は61人の新入生を迎えた。 昨年の67人には及ばなかったが、定員を1人上回った。 全体会、続いて学科に分かれてのオリエンテーションがあり、山田知子主任は、あいさつで3つの点を新入生に求めた。 1つは感謝。 「大学に来られない人もいる中で、保護者に支えられて入学することができた。 それを考えると講義中に寝たりできないはずです」 2つ目は、学外活動での自覚。 「学科の性格上、外に出る機会が多いが、決して遊び気分にならないように。 事前の準備、事後の振り返りをきちんと」 3つ目は、大学生活の心得である。 大学は4年といっても、就活を考えると実質は2年半。 「のんびりしてはいられない。 この間に他大学の人と闘えるだけのもの、マスコミならでは得られないものを身に付けてほしい」と注文した。 あいさつをする山田知子主任(写真上)と耳を傾ける新入生(同下) 学科の卒論発表会が1月30日に開かれ、8件の代表発表があった。 論文は、個人が、三上由貴さん「イベントスペースとしての旧広島市民球場跡地の活用方法」など4件、合同は、今田輝さんら6人がFM東広島とFMはつかいちの2局を調査対象にした「コミュニティFMにおける観光情報発信の現状と展望」。 制作は、田村秀人さんら6人による「泳ぐだけじゃない、広島の海」。 釣りやイベントなど、海水浴以外の海の楽しみ方を折り畳み型のリーフレットにまとめた。 映像制作は2件。 小川航汰さんら8人による「広島ドラゴンフライズダイジェスト」は、球団からの依頼で、各試合と監督会見をコンパクトに編集した。 田口晶菜さんら3人の「夢をカタチに。 1年生66人が参加し、私たちフェロー5人が付き添った。 「六次産業」をキーワードに多くの来園者を集めている農園。 その魅力は何かを、写真もつけてレポートにまとめるのが、今年の1年生の課題である。 着いてすぐに平田克明会長が約1時間の講演。 人材募集でベトナムから帰ったばかりという会長は、「台風で全滅という苦難があったからこそ農園の今がある。 農業をしたい若い人がいないので、入った人は、やりようによってはいくらでも儲かる」と意外な話をしてくれた。 お昼は3、4人のグループに分かれてのバーベキュー。 その後は、地図を見ながら広い園内に散って「魅力」探索した。 売店や古民家カフェのスタッフや、モモなどの摘果作業に来ている人たちに話しかけ、メモを取りながら取材する姿も見られた。 フェローは、各チューターの人数確認をしたり、スケジュールの説明や進行をしたりするのが役割。 1年生と交流しながら、事故やけがもなく無事に1日を過ごすことができた。 (2年・奥谷 萌) 平田会長の話を聞く 売店で売れ筋などを取材 今回のからまつ合宿の課題は、高速道路のサービスエリア・パーキングエリアの「サービス度」についての調査でした。 行きは山陽道の奥屋、小谷の上下、帰りは中国道の本郷、安佐、久地の6カ所です。 調査テーマは「施設全般」「食と土産物」「情報提供」の3つの項目。 各チューターが3班に分かれて、気付きをメモし、写真を撮っていきます。 土産物でいえば、どこももみじまんじゅうやカープグッズがメーンになっていながら、少しずつポイントの置き方が違うのが分かります。 並べ方にも工夫がみられました。 後輩たちは、担当者の方に早速インタビューするなどたくましさを感じました。 調査はまとめて発表するとのことですが、どんな内容になるのでしょうか。 私たちフェローは、調査がほかのお客さんの迷惑にならないように心配りするのが仕事。 「施設見学中 ご迷惑をおかけします」というお知らせ札を用意して、あちこちに立ちました。 特に女子トイレには気を使いました。 何もクレームがなかったのが何よりです。 (2年・向井 藍子) 店内を見て回る 責任者にもインタビュー レポート用に写メを撮る こんな札を用意しました.

次の

新聞学科について

マス・コミュニケーション学科

令和元年度以前入学者 マス・コミュニケーション論 教員名 仲川秀樹 単位数 2 学年 2・3 開講区分 文理学部 (他学部生相互履修可) 科目群 社会学科 学期 前期 履修区分 選択 授業の形態 オンデマンド授業(PowerPoint)および課題研究(Blackboard)による授業形態になります。 オンデマンド・課題研究の資料配信は、教科書の論点を中心に進めてまいります。 教科書は重要なので必ず準備してください。 授業概要 マス・コミュニケーションの世界を体系的に論じます。 基礎理論を中心に講義を進めてまいります。 コミュニケーションの基礎から、マス・コミュニケーションの構造と機能、流れを、古典研究からたどり、マスコミの全体像にせまります。 さらにマス・コミュニケーションと情報社会の関係から、情報環境とネットワークがもたらす、疑似(フェイク)ニュース、流言の発生など、メディア環境の複雑さに対応し、そこから生じるシステム問題などをあつかいます。 そして、近年のパーソナル・メディア浸透と、SNSなどの社会的ネットワークの普及がもたらした問題などにふれながら、マス・コミュニケーション世界の体系を理解する内容の授業になります。 授業のねらい・到達目標 <知識><技能> マス・コミュニケーションの世界を体系的に理解することで、氾濫した情報を正確によみとることができるようになります。 擬似的もニュースを正確によみとることで、情報から知識へと転換することをめざしていきます。 <能力> 上記の<知識><技能>の習得を経て、以下の<能力>を育むことが目標です。 多様なメディアによって形作られる現代社会におけるわたしたちの日常生活の中の諸課題について、メディア研究における多様な基礎理論を用いて説明することができます。 (A-4-2 問題発見・解決力) この科目は文理学部(学士(社会学))のディプロマポリシーDP4及びカリキュラムポリシーCP4に対応しています。 授業の方法 教科書に沿った講義を中心に進めてまいります。 シラバスと教科書の内容に合わせ、基礎理論として古典理論から入り、今日のマスコミ世界の問題点を探り、分析します。 情報氾濫のなか、いかにマスコミ世界とつきあっていくのかをメインに、進めていく予定です。 本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。 履修条件 とくにありません。 授業計画 1 マス・コミュニケーション論の授業の進め方(授業内容、授業の進め方、成績評価などを説明します) 【事前学習】シラバスと使用教科書を読み、授業全体の流れを理解しておいてください (1時間) 【事後学習】教科書とシラバス内容を確認し、次回の授業に備えてください (1時間) 2 マス・コミュニケーションの世界、マスコミの全体像を探ります 【事前学習】教科書の目次を確認してください (2時間) 【事後学習】マスコミ世界のイメージを授業内容から整理してください (2時間) 3 コミュニケーションの基礎、コミュニケーションの位置づけについて 【事前学習】なぜ、コミュニケーションから入るのかを教科書を参考に考えてください。 オフィスアワー 授業終了後、あらためて指示いたします。 備考 【初回講義開始までに、当該授業のBlackBoardのコース登録を行うこと。

次の

マスコミュニケーション

マス・コミュニケーション学科

経歴・人物 、、マスコミュニケーション学科卒業。 2011年4月入社。 同期は。 2016年10月27日に大手に勤務する5歳年上の一般男性と約1年の交際期間を経て結婚。 10月29日に自身のブログで 、翌30日にはレギュラー出演する『』内で結婚を報告した。 、『サンデー・ジャポン』生放送中に体調不良を訴え退席。 その時は貧血による体調不良で妊娠については否定。 そのことから、一部の人気アナウンサー(および番組制作を担う社員)に業務が集中することが問題視され、TBSの社長が是正していくと発言。 吉田についても11月20日に『』の出演を月-金の週5回から水-金の週3回に減らしたことを明らかにした。 同年にも『サンデー・ジャポン』放送中に途中退席したが、同日中に自身のとで、妊娠中である事を発表した。 その後2017年限りで、産前産後休業入りを見据えてテレビの生放送レギュラーを全て降板することになった。 なお、ラジオの『』については2018年度改編の区切りとなる3月まで続けることも明らかにした。 3月26日放送の『たまむすび』を最後に産休入り。 5月15日、第1子女児を出産。 同月20日の『サンデー・ジャポン』番組内で公表された。 2019年1月4日、自らのインスタグラムにて、同月末を以てTBSを退職し、フリーアナウンサーとして活動することを明らかにした。 2019年1月31日、産前産後休業入り前にレギュラー出演していた『』に1日限定で復帰出演したのを最後にTBSを退職した。 2019年2月1日付でアミューズと所属契約を締結し、フリーアナウンサーとして再出発。 プライベート・エピソード等 趣味は旅行、ジェットコースターに乗る、家族や友人と過ごす、読書、映画、買い物、ジョギング、散歩。 特技は早寝早起き、メイクするのが早い、Y字バランス、ゲーム。 2級、2級、2級、普通自動車運転免許を取得している。 好きな食べ物、アイスクリーム、アボカド、チーズ、さつまいも、干しいも。 実兄は「 」という名でクラブDJをしている。 2011年10月22日放送のラジオ『』のDJミックスショーコーナー「申し訳ないとフロム赤坂」に兄が出演した際に生放送のスタジオに駆けつけ、兄妹共演を果たす。 の長女と同級生であり、仲が良い。 古舘とも幼少期より親交がある。 大学1年生だったにに出場し優勝。 在学中にはに登場したほか、TBSアナウンススクールに通っていた。 就職活動中はTBSのほかに・・の各局を受ける。 大学の同級生にはタレント・(文芸学部英文学科) 、女性アイドルユニットのメンバー・リサ(文芸学部芸術学科) 、『』の(社会イノベーション学部)がいる。 『』では「イジられてのびるタイプです」というキャッチフレーズがつけられていた。 現在の出演番組• (、2019年9月30日 - ) - アシスタント 過去の出演番組 テレビ番組 レギュラー出演 TBS在籍時• (2012年4月18日 - 2013年3月7日)• (2013年10月22日 - 2014年3月11日)• (と交代で担当/2013年4月20日 - 2014年3月15日)• (不定期出演、2012年7月23日 - 2014年3月26日)• みのもんたの朝ズバッ! (2013年4月1日 - 2014年3月28日)• (2014年4月22日 - 2015年3月25日未明)• (2014年5月2日未明 - 2015年3月27日未明) - 不定期出演• (2013年6月2日 - 2016年3月6日)• (2015年3月30日 - 2017年12月29日) - 2017年11月17日まで全曜日、同月22日以降水〜金曜日• (2014年5月7日 - 2018年3月28日)• (2014年10月10日 - 2018年3月30日)• (2017年10月11日(10日深夜) - 2018年4月3日)• (、2012年10月2日 - 2013年3月26日) フリー転身後• (、2019年4月9日 - 9月17日) - MC 単発番組など• 超禁断の世論調査スペシャル(2011年4月8日) - 新社会人ブロックにゲストとして• 細木数子が大襲来スペシャル(2013年1月2日) - 外国人美女VS日本人美女ブロックにゲストとして• (2011年12月10日) - 、アナと共に司会担当• (2012年・ - 2015年・) - 本編の進行アシスタント• (2011年12月30日) - ・両アナと共に司会担当。 (2012年3月28日) - コーナー実況• 第1話(2012年7月20日) - ニュースキャスター 役• (2012年8月11日) - アナ不在時 の代理としてアナと共に出演。 (2012年12月27日) - リポーター• スペシャル! 2015朝までライブ (2015年6月27日) - 司会• 元旦スポーツ祭り! 2013年にかけるアスリートたち(2013年1月1日) - 司会• (2013年1月1日) - リポーター• (2013年1月9日) - リポーター• 「どっちの雑誌バトル! 」(2013年2月16日) - 司会• (2013年7月3日) - アシスタント• - アシスタント• 倍返しの女SP(2013年9月17日)• 恐怖のおもてなしSP(2013年11月20日)• 最恐トリプルアクセル金メダル女は誰だSP(2014年1月29日)• (2013年11月6日・13日)• 「実録アナタはこうしてダマされる! 最凶サギの手口ワースト10第3弾」(2014年1月8日) - 進行アシスタント• (2014年8月25日 - 27日及び29日) - MCの代役として• (2014年10月13日) - 進行• キングオブコント2015(2015年10月11日) - 進行• キングオブコント2016(2016年10月2日) - 進行• (2016年1月1日)• TV版 芸人キャノンボール2016 in Summer(2016年8月24日) ラジオ番組 TBS在籍時• (内、2011年10月3日 - 2012年3月26日) - 月・水曜日• (2012年4月3日 - 2013年3月28日) - 火・木曜日パーソナリティ• (2012年10月7日 - 2013年9月29日)• (2013年2月) - 「吉田明世のお礼参り。 」コーナー担当• 我流人生〜たのしくなくっちゃ意味がない(2016年10月3日 - 2017年3月27日)• (2014年6月21日・11月1日、2015年5月9日・11月14日) - 代行MC• (2017年4月3日 - 2018年3月26日) - 月曜日担当パーソナリティ• 前任者・の夏季休暇中の代役として出演歴あり(2013年10月30日・2014年10月6日・2016年9月19日) フリー転身後• (TOKYO FM、2020年4月20日 - ) - の代打パーソナリティ インターネット配信番組• (が、にて配信/2012年4月11日 - 12月12日)• (2019年10月18日-、) 書籍 雑誌連載• あっきーよのなんか、すみません。 (、2014年11月17日号 - 2017年2月) - 連載 脚注 [] 注釈• 日刊スポーツ 2019年11月14日. 2019年12月5日閲覧。 Sponichi Annex. 2016年10月30日. 2016年11月1日閲覧。 ネットネイティブ. 2016年10月30日. 2016年11月1日閲覧。 TBSアナウンスBoo!!. TBS. 2015年11月12日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年10月29日. 2016年10月29日閲覧。 デイリースポーツ 2017年10月29日. 2017年10月29日閲覧。 - アサヒ芸能 2017年10月30日• - 報知新聞 2017年11月29日• - NewsWalker 2017年11月20日• - 産経ニュース 2017年12月3日• ORICON NEWS. 2017年12月3日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2017年12月29日. 2017年12月29日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2018年3月26日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年5月20日. 2018年5月20日閲覧。 サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 Sponichi Annex 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2019年1月31日. 2019年2月1日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2019年2月1日. 2019年2月2日閲覧。 2014年10月21日 - よしだあきよのLAcky Diary 2012年6月19日付• TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル 2011年10月22日。 2013年3月16日閲覧• ,Sponichi Aneex,2016年9月18日• 2013年10月7日 - よしだあきよのLAcky Diary 2012年6月12日付。 2012年12月22日閲覧• バニラビーンズオフィシャルブログ VANILLA BEANS AIRLINES 2011年3月23日付。 2012年12月22日閲覧• 2013年10月7日 - よしだあきよのLAcky Diary 2013年2月13日付。 2013年3月16日閲覧• 2017年3月20日. 2017年3月21日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2020-04-20. 2020年4月20日閲覧。 外部リンク• - アミューズの公式プロフィール• (閉鎖、アーカイブによるキャッシュ)• akiyo0414 -• 石田夢実• 稲沢朋子• 植村友結• 浦まゆ• 国本梨紗• 組橋星奈• コルファー・ジュリア• 佐藤愛桜• 佐野杏羽• 芝咲美穂• 李婕(ジェニー・リー)• 瀧七海• 根岸姫奈• 藤本林花美愛• 前田茉耶• 牧野仁菜• 真広佳奈• 森下ひさえ• 八木美樹• ロワ梨里愛 スペシャリスト 期間 アシスタント ニュース スポーツ 取材 お天気 男性 女性 2005. 28 2006. 29 2006. 2 2007. 30 (月 - 水) (木・金) 2007. 2 2008. 28 2008. 31 2009. 25 2009. 28 2009. 12 (不在) 2010. 4 2010. 26 2010. 29 2010. 24 2010. 27 2013. 29 (不在) 2013. 1 2013. 1 2013. 4 2014. 28 メインキャスター 初代:(『みのもんたの朝ズバッ! 』時代) 2代目:() サブキャスター:(TBSアナウンサー) コメンテーター 月曜日: - - 火曜日: - - 水曜日: - 木曜日: - 金曜日: - (または) ナレーター - 取材VTR担当 - 同上(2007年4月より参加) - オリンピック開催期間時に、競技速報などのニュースを担当する。 関連番組 - - - (後継番組) 関連項目 () -.

次の