水性 ホビー カラー。 クレオスの「新水性ホビーカラー」でエアブラシ塗装してみた感想

新水性ホビーカラー入荷しましたッ!プラやレジンの塗装に抜群の性能!!

水性 ホビー カラー

新水性ホビーカラーの実力を見せてもらおうか! 2019年10月に大幅リニューアルされたクレオス新水性ホビーカラー。 私も気になり、HGUCジムにてお試し使用してみました。 折角なのでセイラマスオ先生風でやってみた セイラマスオ先生風にやってみようのサブプランで急ぎ足製作したので様々な所が甘々ですが、一応完成。 ランナータグとカッターナイフスジ彫りはどちらも曲者でかなり大変です…セイラマスオ先生の実力があってこその技術かと… ホントにスゴい新水性ホビーカラー それで肝心の新水性ホビーカラーの使用感についてですが、結論から言うと 大分ラッカーに近付いた感じです。 ブルーは コバルトブルー+ホワイト+少量のパープルを塗料皿で様子を見ながら調色、いつも瓶生派なので慣れない調色に苦戦しました… ホワイトは グランプリホワイトを使用しましたが発色にムラが出ました、これは撹拌不足であったと後に発覚しました。 イエローと関節等のグレーは成型色です。 つや消しクリアーも吹きましたが半ツヤ気味ですがこれも撹拌不足で後で試した時はプレミアムクリアー系のしっとりつや消しになりました。 エアブラシで塗装、 希釈は1:1. 5くらいで従来の水性よりラッカーに近い希釈率で吹ける感じになります。 1:2でも大丈夫かと思われます。 (追記)何度か使用しましたが1:2は若干薄いです。 希釈のスポットは思ったより狭く、ベストな希釈にはコツが必要そうです、1:1にして薄めながら調整して感覚を掴むのがベターかと。 隠蔽力も高く成型色のレッドの上にパステルブルーがしっかりと発色しました。 塗料自体の臭いは軽減されていますが、うすめ液が従来品なのでそこまでのエアブラシではあまり体感できませんが、筆塗り時だと随分違います。 1時間経たない間に指で触れるくらいに乾燥、乾いた後の塗膜はガッチリと硬くしっかりとしています。 用具洗浄には マジックリンを使用すると臭いも無く洗浄できます。 洗剤なのでしっかりとツールにマジックリンが残らない様に洗いましょう。 スミ入れにはクレオス ウェザリングカラーを使用、拭き取りもウェザリングカラーうすめ液を使いましたが、下地が溶ける事はありませんでした。 エナメルも使用できるみたいですが、 拭き取りにはウェザリングカラーうすめ液が安全かと思われます。 流石に可動部でガッチガチに擦れ合う部分は剥げちゃいました。 ホワイト、トップコート共に撹拌不足のミスをしましたので しっかりと撹拌をオススメします 旧水性より濃い感じで入ってるのもあるかと 結論 よく行く量販店の店員さんが言ってましたがラッカーから乗り換えた人も居るそうです、実際それくらいのポテンシャルがあります。 ガンダムカラーの様なキャラクターカラーや特色が出ると瓶生派の私としては嬉しいですね。 私はラッカーを使える環境ではありますが、お気軽に塗装を楽しみたい時は新水性を使うつもりです。

次の

プラモデルやフィギュアの塗装に!水性ホビーカラーの特徴と使い方

水性 ホビー カラー

新水性ホビーカラーの実力を見せてもらおうか! 2019年10月に大幅リニューアルされたクレオス新水性ホビーカラー。 私も気になり、HGUCジムにてお試し使用してみました。 折角なのでセイラマスオ先生風でやってみた セイラマスオ先生風にやってみようのサブプランで急ぎ足製作したので様々な所が甘々ですが、一応完成。 ランナータグとカッターナイフスジ彫りはどちらも曲者でかなり大変です…セイラマスオ先生の実力があってこその技術かと… ホントにスゴい新水性ホビーカラー それで肝心の新水性ホビーカラーの使用感についてですが、結論から言うと 大分ラッカーに近付いた感じです。 ブルーは コバルトブルー+ホワイト+少量のパープルを塗料皿で様子を見ながら調色、いつも瓶生派なので慣れない調色に苦戦しました… ホワイトは グランプリホワイトを使用しましたが発色にムラが出ました、これは撹拌不足であったと後に発覚しました。 イエローと関節等のグレーは成型色です。 つや消しクリアーも吹きましたが半ツヤ気味ですがこれも撹拌不足で後で試した時はプレミアムクリアー系のしっとりつや消しになりました。 エアブラシで塗装、 希釈は1:1. 5くらいで従来の水性よりラッカーに近い希釈率で吹ける感じになります。 1:2でも大丈夫かと思われます。 (追記)何度か使用しましたが1:2は若干薄いです。 希釈のスポットは思ったより狭く、ベストな希釈にはコツが必要そうです、1:1にして薄めながら調整して感覚を掴むのがベターかと。 隠蔽力も高く成型色のレッドの上にパステルブルーがしっかりと発色しました。 塗料自体の臭いは軽減されていますが、うすめ液が従来品なのでそこまでのエアブラシではあまり体感できませんが、筆塗り時だと随分違います。 1時間経たない間に指で触れるくらいに乾燥、乾いた後の塗膜はガッチリと硬くしっかりとしています。 用具洗浄には マジックリンを使用すると臭いも無く洗浄できます。 洗剤なのでしっかりとツールにマジックリンが残らない様に洗いましょう。 スミ入れにはクレオス ウェザリングカラーを使用、拭き取りもウェザリングカラーうすめ液を使いましたが、下地が溶ける事はありませんでした。 エナメルも使用できるみたいですが、 拭き取りにはウェザリングカラーうすめ液が安全かと思われます。 流石に可動部でガッチガチに擦れ合う部分は剥げちゃいました。 ホワイト、トップコート共に撹拌不足のミスをしましたので しっかりと撹拌をオススメします 旧水性より濃い感じで入ってるのもあるかと 結論 よく行く量販店の店員さんが言ってましたがラッカーから乗り換えた人も居るそうです、実際それくらいのポテンシャルがあります。 ガンダムカラーの様なキャラクターカラーや特色が出ると瓶生派の私としては嬉しいですね。 私はラッカーを使える環境ではありますが、お気軽に塗装を楽しみたい時は新水性を使うつもりです。

次の

新水性ホビーカラー入荷しましたッ!プラやレジンの塗装に抜群の性能!!

水性 ホビー カラー

近似色 Mr. 左端からグンゼのビン入りカラー Mr. カラー 、水性ホビーカラーです。 3列目にタミヤのビン入りカラー アクリル又はエナメルの該当色 の順で、4列目はタミヤのスプレーカラーシリーズ TS、AS、MS中の該当色 となっています。 2.両社が使用している色名が同じで、互換表に近似色とされていても、色調についての考証や表現方法が異なる場合があります。 たとえ同じ色名であっても、色調まで同じとは限りませんのでご注意願います。 3.ビン入り塗料は、両社から2種類づつ発売されております。 グンゼにはMr.カラーと水性ホビーカラーがあり、色調の互換性は持たされていますが、色によってはかなり異なる場合もあります。 タミヤにもアクリルとエナメルがありますが、こちらはカラーナンバーが共通で色調もほぼ同じです。 基本的にはグンゼのMr. カラーの色調を基準にこの互換表が作られています。 各塗料には、材質や製造ロットの違いによる色差が必ず存在しています。 配合通りに調色しても、全く同じ色調になるとは限りません。 あくまでも近似色とお考えください。 4.2色以上の調色の場合、配合比率は塗料の重量で設定しています。 余録.表中の近似色(?)は印刷物からの取り込みですので、かなり元の色と違う色調になっているものがあります。 (全体的に、暗く、くすんだ色になっています。 )ご使用の際は、お近くの模型店などでご確認ください。 それから、図中で限定と記述されている色については「限定生産色」なので定番生産品ではありません。 また、欠番扱いしている色については、ついこのあいだまでは定番カラーだったのですが、最近のカタログからは落ちています。 もっとも、時期によっては店頭にある場合がありますので、「これはっ!」と思われる色については、見つけ次第ご購入されることをお勧めします。 誤字・脱字等がございましたら、BBS「猫温泉」のほうにお知らせくだされば幸いです。 朱書き の部分が変更されています。 [ end of file ] [PR].

次の