あっかんべー イラスト。 あっかんべーとは?その意味・由来・語源は?あかんべえ(あかんべー)

あっかんべーのイラスト素材 [17181141]

あっかんべー イラスト

概要 [ ] 「あかんべえ」はの『田舎教師』では、「後を振返って赤目(アカンベイ)をして見せて居る男生徒もある」とあり、「赤い目」の転訛(m子音はb子音と交代しやすい)としている。 べかこうまたは べっかんこうという呼び方もあり、の『』には「人差し指でべっかんこうをして見せた」という記述がある。 いつ頃から存在するかは定かでないが、に作られた落語「」では落ちにあかんべえが使われている。 この落語はこんにゃく屋の親父がお寺であかんべえをしたのを、修行僧が『三尊の弥陀は目の下にあり』というだと勘違いをして敬服するという話である。 本来はまぶたの裏の赤い部分を見せることを指すが、現在では「べえ」を舌の幼児語「べろ」の意ととらえて、舌を出すことを指すととらえる人も間々見られる。 また、瞬間的に舌を出すのは、侮蔑のほかに照れ隠しの意味もある (例、 )。 どちらも国内において広く通用するが、ややっぽい印象を与える。 日本以外でのあかんべえ [ ] 朝鮮半島 [ ] では메롱(メーロン)といい、「メー」の延長した発声の際に舌を出すことで、あかんべえ(では「べー」で舌を出す)と同様の表現をする。 チベット [ ] では、尊敬の念のこもった挨拶としてあかんべえと同様に舌を出す。 英語圏 [ ] 圏でも同様の表現があり、で:-Pあるいは:P(左を上に見て、:を目に見立て、-を鼻に見立て、Pを舌を出した口に見立てる)という表現がある。 漫画などでの表現 [ ] 『』や『』などで、のパロディとして「アカンベーダー」というキャラクターが登場した。 その他 [ ]• - の二見シーパラダイス(現・)で飼育されている「丸子」はあかんべえの芸ができた。 - 落語の名跡。 「べかこ」とは関西弁で「あっかんべー」の意味。 漢字で「米歌子」とも名乗った。 - 主人公が魔法を使う際「ウラウラベッカンコ」のかけ声とともにこのポーズをする。 - 「ドクロベー」というキャラクターが登場する。 - メディア向けに撮られた写真で有名。 脚注 [ ] []•

次の

[フリーイラスト] あっかんべーをするなどの7種類の女子高生のセットでアハ体験

あっかんべー イラスト

640 x 640px• 6 x 22. 00 5プリペイド M• 2000 x 2000px• 9 x 16. 00 15プリペイド L• 4000 x 4000px• 9 x 33. 00 30プリペイド XL• 5137 x 5137px• 5 x 43.

次の

あっかんべー!ポーズの女の子イラスト

あっかんべー イラスト

640 x 640px• 6 x 22. 00 5プリペイド M• 2000 x 2000px• 9 x 16. 00 15プリペイド L• 4000 x 4000px• 9 x 33. 00 30プリペイド XL• 5137 x 5137px• 5 x 43.

次の