モル 吸光 係数 単位。 たんぱく質の吸光係数(紫外線)を教えて

分光倶楽部 基礎講座 第1回

モル 吸光 係数 単位

A ベストアンサー 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。 これを5点検量 0は、普通対照に利用するので と称しています。 4点の場合もあります。 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。 2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。 正確にするために検量線を2連 2回 して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが それなら、2連より10連、100連の方が正確、と毒づいています。 実験のテクニックが難しくて、全体がばらつく場合もあります。 この場合は、5点ではなく、10点とか、測定する回数を増やしたりして、信頼性を高めるしかありません。 検量線は、もちろんパソコンで引きます。 また、サンプルの測定も、一回だけではなく、数回測定して、平均値を去る必要があります。 化学反応は、バラツキマセン。 しかし、生物のサンプルは、個体差があるので、最低3回は測定して、平均と標準偏差を示します。 例えば、血糖値を測定するときに、血液中のグルコースの測定は、ばらつかないので1回で十分。 しかし、A、B、Cサンそれぞれの値は異なるので、ヒトの血糖値となると、最低3人は測定しなければなりません。 同じサンプルを測定して、値がばらつくのは単に腕が悪いだけです。 データがばらつく原因を考え、検量線とサンプルの測定回数を決めてください。 それはヤリマセン。 昔は、測定した点の近くをなるべく通る直線 場合によっては曲線 を、慣れを頼りに引いていました。 今ではパソコンがあるので、回帰式を出します。 これが検量線になります。 最近は、機器に検量線を自動的に描き、濃度まで計算しているのが、普通です。 回帰式の相関係数が、0. 98以上あれば信頼していますが、0. 95だとやり直すかどうか迷います。 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。 これを5点検量 0は、普通対照に利用するので と称しています。 4点の場合もあります。 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。 2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。 正確にするために検量線を2連 2回 して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが それなら、2連より10連、10... A ベストアンサー masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。 検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。 例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。 砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0. 1g、0. 2g、0. 3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。 それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラフ用紙に記入し、直線なり曲線で結びます(直線か、曲線かは理論的なものに依存します)。 こうしてできたラインが検量線です。 この検量線により、測定器の実際の指示値から濃度を推定できるようになります。 ただし、検量線は濃度0. 1~0. 検量線から推定して1. その際は、O,1. 0,2. masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。 検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。 例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。 砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0. 1g、0. 2g、0. 3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。 それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラ... ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. wikipedia. wikipedia. ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた... A ベストアンサー 分光光度計とは、光源から出た光を波長ごとに分ける部分(分光部)と、分けた光を試料に当てて光の弱くなる程度を測定する部分(光度計)からなります。 試料に当てる光の強さをXとし、試料を通過した後の光の強さをYとすると、 まず、透過率を求めます。 次に、この透過率から吸光度を求めます。 吸光度=-log(T/100) なぜ吸光度を計算するかと言うと、溶液中の光を吸収する成分の濃度が吸光度と比例するからです。 予め濃度の分かった標準試料を用いて、濃度と吸光度の関係を求めて「検量線」を作っておき、その他試料の吸光度を測定する事で濃度が求められます。 測定する色調により波長は変わります。 検量線作成に先立って、標準試料の場合の吸収スペクトル(広い波長範囲にわたり、波長と光の吸収度の関係をグラフ化したもの)を採り、測定上最適な波長を決めます。 普通は、光の吸収の一番大きい波長を選びますが、その他条件も加味して決定する必要は有ります。 595nmは可視光線のやや長目の波長です。 なお、#2さんの提示されている「Lanbert-Beerの法則」(ランバート・ベールのほうそく)は基本的かつ重要で有名な法則です。 P.S 吸光度の計算例 透過率=85. 3%だとすると、 吸光度=-log(85. 3/100)=0. 069 (昨今の分光光度計は吸光度も自動表示されるので、いちいち計算する必要は無いのですが、原理を知っている事は大切です) 分光光度計とは、光源から出た光を波長ごとに分ける部分(分光部)と、分けた光を試料に当てて光の弱くなる程度を測定する部分(光度計)からなります。 試料に当てる光の強さをXとし、試料を通過した後の光の強さをYとすると、 まず、透過率を求めます。 次に、この... Q こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. Excelで検量線の計算式を出したところ下記のような式になりました。 9998 この場合、100g中に何g含まれているかを求めるには どうしたらいいのでしょうか? 私なりに計算して四捨五入で0. 3gとなったのですが あっているでしょうか? 長くなってしまいましたが、教えてください! こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. A ベストアンサー ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. 9997 となります。 4.これで検量線ができたので、未知試料を分析したときのピーク面積1738876をyの部分に代入して計算します。 5.xの値として31. 6769... 6.この値はあくまでも"分析した試料"の濃度です。 mgやgに換算しなおすと、それぞれ3. 7.もし【化粧品"100ml"中に有効成分Aは何g含まれているか】ということならば、単純に濃度に100mlをかけて、0. 32gとなります。 ここで注意が必要なのは、【化粧品"100g"中に有効成分Aは何g含まれているか】となっていることです。 厳密には100mlと100gは同じ量を表していません。 32にかければ【化粧品"100g"中に有効成分Aの量】が出せます。 密度が不明なときは、例えば100mlを正確に量り取ってから、その質量を精密天秤で測ってください。 ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の

光吸収を用いた溶液中の化学種の定量

モル 吸光 係数 単位

「比吸光係数」と習われましたか。 普通、「モル吸光係数」と言われます。 ここではそう呼ぶことにします。 さて、結論から言いますと、情報が一つ足りないため、計算できません。 足りないのは、溶けている物質の分子量または式量、正確に言うとモル質量です。 計算に必要な関係式は、次の通りです。 cすなわちモル濃度は、単位体積当たりの物質量 いわゆる「モル数」 ですので、質量を物質量に変換する必要があります。 そのときに必要になるのが、モル質量、または分子量・式量です。 水 H2O と塩化ナトリウム NaCl を例に取ると、以下のようになります。 水 H2O モル質量:18. 02 塩化ナトリウム NaCl モル質量:58. 44 質量mと物質量nは、モル質量Mと次の式で関係付けられます。 11 だとすると、式 4' より、次のように質量を物質量に変換できます。 11 mol =6. また、モル吸光係数を求める際の注意ですが、単位をどうすればいいかを考えなくてはなりません。 以上のように、この問題には、溶けている物質のモル質量または分子量・式量の情報が足りません。 溶けている物質の構造式などが分かれば、そこから分子量が求められますので、おそらくそれをも計算させる問題かと推察されます。 頑張って計算してください。 投稿日時 - 2007-11-10 11:50:19 No. 1です。 回答してから、重大なことに気付きました。 問題文は、「比吸光係数を求めよ」ということだったのですね。 1では、「それは『モル吸光係数』のことだろう」と解釈して、モル吸光係数を求める方法を答えましたが、そうではないかもしれない、ということに気付きました。 よくあるのですが、「比~」と「モル~」という言葉が、次のように使い分けられることがあります。 「比~」の方は、「単位質量当たりの」という意味で、「モル~」は、「単位物質量当たりの」という意味を表すということです。 もし、この問題がその意味ならば、No. 1で述べたのとは違い、溶けている物質の分子量は必要なく、与えられた値だけで計算する事ができます。 1と同じく、吸光度との関係式を書きます。 「比吸光係数」が上記のように単位質量当たりの量を表すのであれば、次のようになります。 頑張って計算してください。 私たちはご質問文に書かれたことから想像するのみですが、問題文に書かれたこと、それ以外の情報 授業で習ったことや、どこかの過去問ならば、どこかで同様の言葉が定義されていないかどうかなど を総合的にとらえて、判断してください。 投稿日時 - 2007-11-10 12:50:29 比吸光度を求めたいのかな? 比吸光度とは、光路長1cm 、溶液の濃度1w/V%(溶液100mL中に溶質1g含まれるということ)のときの吸光度をあらわします。 透過率=I/I。 7 吸光度=A=-log I/I。 )より A=-log 0. 7 ランベルト ベールの式より A=ECl ただし、 A吸光度 E比吸光度 C溶液の濃度 l光路長 とする。 C=0. 投稿日時 - 2007-11-10 12:23:18.

次の

質問!ITmedia

モル 吸光 係数 単位

あってますよ。 式が記号ばかりだから、ちょっとわかりづらいかもしれませんが…。 ということを、わかりやすく書くと 0. 015 Mの溶液の吸光度を測定すると、0. 912でした。 同じ条件で測定すると、1. 0 Mの溶液の吸光度xはいくつになりますか? ただし、吸光度と溶液の濃度は正の比例関係が成り立っているものとします。 ということになります。 で、比例の式を作ると 0. 015 : 0. 0 : x 0. 8 となります。 私も、5年半くらい前に同じ計算をしてました。 最初は、記号がいっぱいで意味不明でした。 なつかしいなぁと思いましたが、現在の私は、分析化学研究室の院生です。 質問者さんも、計算問題をいっぱい練習して 自分なりの簡単な計算法を見つけてください。

次の