ハスラー モデル チェンジ。 ハスラー(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ハスラー|スズキ

ハスラー モデル チェンジ

ハーテクト• 新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」 主要構造や部品配置を全面刷新。 また車体だけでなくサスペンション部品も骨格部品の一部として利用し、基本性能の向上と軽量化を両立しました。 屈曲した骨格を滑らかにつなぎ、合理的でシンプルな形状とするとともに、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用し、補強部品を削減しました。 これにて軽量化&剛性強化となり車の基本性能を向上させます。 「S-エネチャージ」からマイルドハイブリッドへ そしてハスラーのフルモデルチェンジでもっとも注目されているといっても過言ではないのがエンジン&モーター性能。 燃料を多く必要とする加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現しています。 こちらがマイルドハイブリッド変更なるか!と言われています。 スズキのマイルドハイブリッド 発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。 その電力を活かして、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト。 さらなる燃費の向上に貢献するハイブリッドシステムです。 ISG(モーター機能付き発電機)に大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載するのか! スポンサーリンク 気になる燃費数値 33. 現行モデルの燃費数値 ガソリンターボ車2WD 27. 2~26. 東京モーターショーの出展デザインで考えれば結構な変化は見られますねww ちなみにマイナーチェンジなら、• ボディカラーの追加• でも丸目のヘッドライトで超いい感じです。 これはいい。 かなりイイ! マジで最強の遊びのクルマになりますよこれは。 いや~新型ハスラー売れるでしょうね~! まさかのハスラークーペスタイルはあり得る!? あとは噂か本当か、ハスラーのクーペスタイルも登場するのでは!?なんて言われています。。 それめっちゃ面白いね!• ダイハツはコペン• ホンダはS660 と軽自動車スポーツスタイルのラインナップがあることを考えれば、スズキさんはハスラーのグレードでクーペ風スタイルを出してきても面白いかもしれませんね! 安全性能はグレードアップ デュアルセンサーブレーキサポートへ 安全性能はしっかりバージョンアップを図ってくるでしょう。 スズキセーフティサポート 現行モデルでは衝突軽減ブレーキがデュアルカメラブレーキサポートですが、こちらがデュアル センサーブレーキサポートへ。 フロントガラスに設置した2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知。 近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせ、コンパクトなシステムを実現しました。 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能や誤発進抑制機能などで万一の危険を予防します。 これが今と同じくエントリーグレード以外はすべて標準装備になると嬉しいですね! あ、値引きがしやすくなるってこと? その通り! ちなみに 現在の新型ハスラーの値引き相場は15万~20万円となっています。 発売は2020年1月20日決定!• 通常エンジンの納期は1~2ヶ月、ターボエンジンはもっとかかりそう• 新プラットフォーム「ハーテクト」採用• マイルドハイブリッド採用か(フルハイブリッドの噂あり)• 燃費は33. デザインは少し角ばった(丸目は継続)•

次の

スズキ新型ハスラー フルモデルチェンジ!進化したポイントまとめ

ハスラー モデル チェンジ

*スズキ大型モニターシステムとは、大型モニター上でお客様が知りたい情報を画面に映し、カタログや口頭ではお伝えしきれないクルマの情報をタッチペンの簡単操作で見ることができるシステムです。 *スズキ大型モニターシステムの設置の有無につきましては販売会社によって異なります。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。 ・3D画像はイメージ画像になります。 実際の車両、仕様と異なる場合がございます。 またディスプレイ装置によって実際の色とは異なって見える場合があります。 ご購入の場合は、必ず販売店でご確認ください。 ・車両本体価格はタイヤパンク応急修理セット・ジャッキ付で、保険料・税金(除く消費税)・届出等に伴う費用および付属品価格は含んでおりません。 ・車両本体価格(消費税込み)はメーカー希望小売価格で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・メーカーオプションは車両のご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ・ディーラーオプションはメーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・ディーラーオプションは商品によっては車両のご注文時に取り付けが必要となるものもございます。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 ・当お見積り内では選択可能なオプションが実際は選択できない(または同時装着不可)、また選択不可能なオプションが実際には選択できる場合(同時装着可)があります。 詳しい装着条件につきましては販売店にお問い合わせください。 ・掲載のディーラーオプションは商品の一部となります。 その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・当シミュレーション内の合計金額は参考価格です。 表示の金額、または印刷されたものに販売効力はありません。 ・自賠責保険料・税金・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金が別途必要となります。 詳細な見積りは販売会社にお問い合わせください。 ・在庫状況、納期等につきましては販売店までお問い合わせください。 *スズキ大型モニターシステムとは、大型モニター上でお客様が知りたい情報を画面に映し、カタログや口頭ではお伝えしきれないクルマの情報をタッチペンの簡単操作で見ることができるシステムです。 *スズキ大型モニターシステムの設置の有無につきましては販売会社によって異なります。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。 ・3D画像はイメージ画像になります。 実際の車両、仕様と異なる場合がございます。 またディスプレイ装置によって実際の色とは異なって見える場合があります。 ご購入の場合は、必ず販売店でご確認ください。 ・車両本体価格はタイヤパンク応急修理セット・ジャッキ付で、保険料・税金(除く消費税)・届出等に伴う費用および付属品価格は含んでおりません。 ・車両本体価格(消費税込み)はメーカー希望小売価格で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・メーカーオプションは車両のご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ・ディーラーオプションはメーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・ディーラーオプションは商品によっては車両のご注文時に取り付けが必要となるものもございます。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 ・当お見積り内では選択可能なオプションが実際は選択できない(または同時装着不可)、また選択不可能なオプションが実際には選択できる場合(同時装着可)があります。 詳しい装着条件につきましては販売店にお問い合わせください。 ・掲載のディーラーオプションは商品の一部となります。 その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・当シミュレーション内の合計金額は参考価格です。 表示の金額、または印刷されたものに販売効力はありません。 ・自賠責保険料・税金・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金が別途必要となります。 詳細な見積りは販売会社にお問い合わせください。 ・在庫状況、納期等につきましては販売店までお問い合わせください。 Licensed by Artestar, New York.

次の

ハスラーのフルモデルチェンジ時期は2019年!?最新情報調査!

ハスラー モデル チェンジ

この記事の目次• 新型ハスラーの売れ筋人気グレードランキングを発表! 順位 グレード名 1位 ハイブリッド G 2位 ハイブリッド X 3位 ハイブリッド Xターボ 4位 ハイブリッド Gターボ 5位 ハイブリッド G スズキ セーフティ サポート非装着車 新型ハスラーの人気グレードの装備を比較 第3位にはターボ車の上級グレード「ハイブリッド Xターボ」が、第2位にはノンターボ車の上級グレード「ハイブリッド X」がランクイン。 そして第1位に輝いたのは、ノンターボ車の中間グレード「ハイブリッド G」です。 全般的傾向として、ノンターボ車の人気が高くなっています。 ハイブリッド Xにあって、ハイブリッド Gには無い装備は? suzuki. おススメの理由を、以下にあげます。 装備が充実しているから ハイブリッド Xターボは新型ハスラーの最上級グレードなので、装備が大変充実しています。 内外装の高級感、安全性、快適性どれを取っても申し分ありません。 下位グレードは多少なりとも割り切って乗ることが必要ですが、ハイブリッド Xターボなら何の不満もなく、満たされた気分で乗れます。 パワフルで燃費も悪くないから ターボエンジンはノンターボエンジンよりずっとパワフルで、1~1. 3Lクラスのコンパクトカー顔負けと言えます。 街乗りならノンターボでも十分ですが、高速道路やワインディングの登りではターボの威力を実感するでしょう。 街乗りでも、アクセルを少し踏むだけでしっかり加速するので、ノンターボよりストレスが少ないメリットがあります。 suzuki. 燃費と性能を天秤にかければ、断然ターボがおススメ! 納得のいく価格設定だから ハイブリッド Xターボ FF車 の価格は1,612,600円で、ハイブリッド Xとの価格差は94,600円です。 10万円弱プラスするだけで、圧倒的なパワフルさやアダプティブクルーズコントロールの便利さなどが手に入るのですから、むしろお買得と言えますね。 一方、下位グレードのハイブリッド Gターボと比較すると152,900円高価ですが、装備の差を考えれば納得がいきます。 最上級グレードながら一番コストパフォーマンスが高い、それがハイブリッド Xターボです。 下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます! 新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、 さらに支払額を下げる事が出来ます。 もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。 ディーラーはウソを付いている!? 新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。 管理人も毎回そうです。 しかし、ここで注意したいのは、 「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。 正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。 相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。 なので、新車から値引きしても、 下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。 ユーザーにとっては損しかありませんね・・・ ディーラーに騙されないためには? 以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。 その時の下取り金額は 85万円です。 ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。 そこで出た金額は、 ディーラーよりも20万円も高い金額でした。 次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。 10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。 リサイクル料の戻りも加算すると、 約104. 2万円になります。 その時の契約書はこちらです。 もし最初の85万円で契約していたら、 19万円もの損をする所でした・・・ この時した事は、 買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。 これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。 ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。 これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。 もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。 この方法は、 納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。 そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。 1店目は、ディーラーの104. 2万円に対して 107万円。 そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・ 116万円ではいかがでしょう?」と、 ディーラーよりさらに11. 8万円のアップに成功です! その時の契約書です。 一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に 31万円の上乗せに成功しました。 ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、 管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。 カテゴリー•

次の