口 周り ニキビ 胃腸。 口の周りにできるニキビの原因ごとに予防と対策を紹介!

口周りのニキビを早く治すには胃腸の休憩とストレス解消がポイント!

口 周り ニキビ 胃腸

口唇ヘルペスと口周りニキビの間違えに注意! 口周りにできたニキビは、口唇ヘルペスと少し似ているので間違えないようにしましょう。 口唇ヘルペスはニキビとは原因も治し方も全く異なるので、ニキビのケアをしても治りません。 それぞれの特徴を理解した上で、自分の口周りを確認してみてください。 口周りニキビ 引用: ニキビは 毛穴の中に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖してできるもの。 口周りの皮膚や、唇との境目などにできます。 逆に毛穴がないところにはできないので、唇の上にできている場合はニキビではありません。 できものの中心に白い芯があるのが見た目の大きな特徴です。 毛穴詰まりを取り除き、炎症を抑えることで治せます。 口唇ヘルペス 引用: 【口唇ヘルペスのニキビとの違い】• 唇の上など粘膜部分にできる• 赤く腫れて水ぶくれになる• ピリピリとした痛痒さがある• 他の人にうつる 口唇ヘルペスは ヘルペスウイルスによる感染症で、唇の上など粘膜部分にできるものです。 発症すると唇付近が 赤く腫れて水膨れができます。 人によってはムズムズとしたかゆみや、ピリピリした痛みを伴うことも。 水ぶくれの中にはウイルスがたくさん繁殖しているので、水ぶくれが破れると他の人に感染することがあります。 1~2週間ほどで自然に治りますが、痛みがひどかったり水ぶくれが破れてしまったときは、皮膚科を受診するのがおすすめです。 繰り返す口周りニキビの原因ってなに? 口周りにできるニキビの原因は、体の内側と外側の問題が入り混じっていて複雑です。 【口周りニキビを作る体の内側の問題】 ・食生活の乱れで胃腸がヘトヘトになっている ・ストレスで皮脂を増やす男性ホルモンが多くなっている 【口周りニキビを作る体の外側の問題】 ・摩擦刺激を受けやすく乾燥している これらの原因について1つ1つ詳しく解説していきます。 肌は「内臓を映す鏡」と言われますが、口周りのニキビや肌荒れは 胃腸の乱れと深く関係しています。 口は食道を通して胃・腸と繋がっているため、 消化器官の乱れがダイレクトに反映されてしまうんです。 甘いものや油っこいものが好きで毎日のように食べている• 接待や飲み会が多くほぼ毎日お酒を飲んでいる• 帰りが遅く寝る直前にごはんをよく食べている など、これらは胃腸に負担をかける食事の典型例。 食べすぎたり飲みすぎれば、消化しきるまでに時間がかかります。 また寝る直前の食事は、眠っている間にも消化を続けないといけませんよね。 胃腸がずっと働きっぱなしで休む時間がないので、ヘトヘトに疲れてしまいます。 ストレスで皮脂を増やす男性ホルモンが多くなっている 人間は悩みごとや睡眠不足など心身にストレスを感じると、ストレスに打ち勝つために男性ホルモンをたくさん分泌します。 しかし 男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあり、皮脂で毛穴を詰まらせニキビをできやすくさせてしまうんですね。 そして口周りはこの男性ホルモンの影響を大きく受けるパーツです。 (男性だけ口周りに濃くヒゲが生えてくるのは男性ホルモンの影響。 口周りニキビを作る体の外側の問題 口周りは食べ物・飲み物・歯磨き粉・口紅など汚れがつきやすく、それを拭うときの 摩擦で刺激を受けやすいです。 男性の場合は、髭剃りもシェーバーで肌に傷がつくので強い刺激になります。 もともと口周りの皮膚はうすくてデリケート。 摩擦を受けると肌の皮脂や潤いがすぐにもってかれてしまうので、乾燥しやすいんです。 肌は乾燥するとゴワゴワして古い角質が剥がれにくくなります。 古い角質が剥がれにくくなる= 肌のターンオーバー (生まれ変わり) が乱れるということ。 ターンオーバーが乱れると、毛穴の詰まりもスムーズに排出できません。 毛穴が詰まりやすくなり、結果的にニキビのできやすい肌になってしまうわけです。 口周りニキビを治す!体の内側のケア方法 口周りにできるニキビの原因は体の内側と大きく関係しているので、 まずは生活習慣を見直すことが大切です。 日常生活で特に気を付ける対策方法を2つご紹介します。 食生活を見直し、胃腸をいたわってあげる 胃腸に負担をかけない食事をこころがけることが大切です。 食事で気を付けるポイントは以下の3つ。 腹八分目に抑えて暴飲暴食をしない• 1口30回噛んでから食べる• 寝る3時間前までに済ましておく ついつい食べすぎてしまう、飲みすぎてしまう人は、普段から腹八分目を意識しましょう。 「お腹いっぱいで何も入らない」ではなく「あと少し何か食べたいかな」という段階で食事をストップすることです。 消化にかかる時間を減らせるので、 胃腸の負担を軽減できます。 またよく噛んで食べるのも大事なポイント。 1口ごとに30回噛んでから飲み込むと、 胃が食べ物を分解しやすくなります。 さらによく噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べすぎ防止にもつながるんですね。 そして最低でも寝る3時間前には食事を済ませましょう。 胃の中で食べ物が消化されるのに3~5時間かかるからです。 3時間前までに済ませておけば、 睡眠時に胃腸もしっかり休ませてあげられます。 食事は消化のいいものを取り入れる 胃腸に負担がかからない消化のいいものを取り入れて、胃腸を少し休ませてあげましょう。 やわらかいもの・温かいものは、消化しやすく胃腸への負担が少ないです。 逆に 冷 たいものや刺激が強いもの (香辛料・酸味料など)は、胃の粘膜が刺激されて負担になるので気をつけましょう。 消化のいいものと消化の悪いものをそれぞれ紹介します。 【消化のいいもの】 ・お粥、雑炊、うどんなどのやわらかいもの ・湯豆腐、温野菜などの温かいもの ・バナナ、りんご、ももなどの酸味の少ない果物 【消化の悪いもの】 ・玄米、パスタなどの固いもの ・天ぷら、唐揚げなどの揚げ物 ・ステーキ、豚トロなどの脂の多い肉 ・刺身、ユッケなどの生もの ・唐辛子、わさびなどの辛いもの ・ケーキ、チョコレートなどの甘いもの ・アイス、かき氷などの冷たいもの ・レモン、酢などの酸味が強いもの ・コーヒー、紅茶などのカフェインを含む飲みもの ・コーラ、サイダーなどの炭酸飲料 ・ビール、カクテルなどのアルコール 「パスタをよく食べる人はうどんに変える」 「毎日アルコールを飲んでいる人は週2~3日などに頻度を減らす」 など少し工夫するだけでも、胃腸の負担は軽減できます。 毎日意識するのは難しいかもしれませんが、 せめて口周りのニキビがひどいときだけでも気を付けてみてください。 口周りニキビにはビタミンB群が効果的 口周りニキビを治すためにはビタミンB群を積極的に摂取しましょう。 特に 胃腸の粘膜を保護する【ビタミンB2・B6】、ストレスから体を守る【ビタミンB1・B12】がおすすめです。 それぞれ多く含む食材は以下になります。 【弱った胃腸に効果のある漢方薬】• 六君子湯(リックンシトウ)• 安中散(アンチュウサン)• 大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)• 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)• 麻子仁丸(マシニンガン) 漢方は薬なので、食べ物やサプリに比べると整腸効果が強いです。 弱った胃腸の働きを高めて、しっかりと口周りのニキビを治すサポートをしてくれます。 ただし 薬なので副作用が出やすいことも忘れないでくださいね。 特に漢方薬は種類がたくさんあり、人それぞれ合うものも合わないものが全く違います。 ネットから買うこともできますが、なるべく 薬剤師さんに相談して自分にあったものを見つけるのがおすすめです。 関連: 心身ともにストレスを発散する ストレスによる男性ホルモンの増加を防ぐためにも、 心身ともにスッキリさせましょう。 精神的なストレスも身体的なストレスも解消することで、男性ホルモンの分泌を抑えられます。 リフレッシュして精神的なストレスを発散 「家に帰ってからも仕事のことを考えてしまう」 「不安や心配ごとが頭から離れなくてなかなか寝付けない…」 など、いつも考え事をしていてリラックスする時間がない人は、ストレスがたまっていること間違いなし。 なるべく リラックスできる時間を作って、ストレスをこまめに発散しましょう。 ヨガやストレッチで気持ちを落ち着かせる• 好きな映画やドラマを見て気分転換をする• 湯船につかってリラックスする• 猫や犬など好きな動物にふれて癒される など、どんなことでもOK。 自分の好きなことをしてリフレッシュしてください。 中でもおすすめは、 ヨガ・ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動。 運動は気分がスッキリするだけでなく、血行も良くなるのでターンオーバーの改善にもつながります。 【寝る前に気を付けるべきな4つのこと】• テレビやスマホなどブルーライトを見ない• コーヒーや紅茶などカフェインを摂らない• タバコを吸わない• 筋トレなど激しい運動はしない ブルーライト・カフェイン・タバコ・筋トレなど、これらはどれも脳や体を覚醒させて眠りを浅くさせます。 寝る直前にしてしまうとぐっすりと眠りにつけないので気をつけましょう。 また平日が忙しく休日に寝だめをしたい人は、 遅く起きるのではなく早く寝るようにして睡眠時間を長くしましょう。 睡眠のリズムは朝に太陽を浴びることで調整されます。 朝起きる時間がずれると睡眠のリズムが崩れて逆に体が疲れるので、遅く起きるのはNGです。 夜早く寝るようにすれば睡眠のリズムを崩さずに睡眠不足を解消できます。 口周りのニキビを治すための外側からのケア方法 口周りは摩擦刺激を受けやすく乾燥しやすくなってしまっていると言いました。 なのでスキンケアでは 「お肌を乾燥させないこと」を意識しましょう。 この2つを意識するだけOKなのでとっても簡単。 お肌が水分たっぷりの状態をキープできれば、 ターンオーバーが整いニキビやニキビ跡ができにくい肌にできます。 クレンジングや洗顔で肌のうるおいを奪いすぎないようにする まず乾燥を防ぐためには、 クレンジングや洗顔料の洗浄力の強さに気をつけることが大切です。 洗浄力が強すぎるものを毎日使うのはNG。 もとからお肌にある皮脂や水分がごっそり抜けてお肌がカラカラになってしまいます。 なのでなるべく洗浄力がマイルドなクレンジングと洗顔料を選び、 お肌の皮脂や水分を落としすぎないようにしましょう。 クレンジングはジェルかクリームタイプを選ぶ クレンジングを選ぶときは形状に注意して選びましょう。 おすすめは、ジェルかクリームタイプ。 肌に 必要な皮脂を取りすぎずにメイク汚れだけをしっかり落とせるので、肌のうるおいを守れます。 逆に オイルクレンジングや拭き取りタイプのクレンジングシートはNGです。 オイルはメイク落ちがとてもいいですが、その分肌に必要なうるおいも一緒に落としてしまいます。 特に安価 (1,000円以下)のクレンジングオイルは、脱脂力が強すぎる安いオイルを使っている可能性があるので気をつけましょう。 拭き取りタイプのクレンジングシートは絶対にさけてください。 メイクを拭き取るときの摩擦がニキビを刺激しますし、メイク落ちもよくありません。 メイク汚れが毛穴に詰まってニキビの原因になることもあるので要注意です。 肌を乾燥させないクレンジングがほしい方は、こちらの記事もチェクしてみてください。 肌を乾燥させにくいやさしい洗顔料がほしいという人は以下の記事でチェックしてみてください。 保湿ケアでお肌にうるおいをたっぷり入れてあげる 保湿ケアで お肌に潤いを入れる&閉じ込めて1日中ぷるぷるの肌を作りましょう。 角質を柔らかくして、ターンオーバーを整えるためです。 お肌の生まれ変わりがスムーズになれば• 傷ついた肌が排出されて、今ある 口周りのニキビ・ニキビ跡が早く治る• 毛穴が詰まりにくくなり、 新しい口周りニキビができにくくなる といった効果を期待できます。 特に「ニキビができると悪化しやすくて、すぐニキビ跡になってしまう・・・」と悩んでいる人は、保湿を徹底するのがおすすめ。 できてしまったニキビを早く治し、ニキビ跡のできにくい口周りに改善していけます。 もともとお肌の中にいる成分なので、 肌なじみがとってもいいんですね。 お肌にぴったり密着して、しっかり乾燥を防いでくれます。 ただセラミドはヒト型以外にも種類があるので、間違わないように気をつけてください。 成分表示の上位に 「セラミド+数字orアルファベット」の記載があるか要チェック。 書いてあればヒト型セラミドが入っている証拠です。 植物セラミド (コメヌカスフィンゴ糖脂質など)や化学的に合成された疑似セラミド (セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど)は、保湿力が高くありません。 パッケージに 「セラミド入り」と記載があっても、ヒト型セラミドではないこともあるので、しっかり確認することが大切です。 おすすめのヒト型セラミド入り化粧品が気になる方はこちらからチェックしてみてください。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の

口の周りにできるニキビの原因ごとに予防と対策を紹介!

口 周り ニキビ 胃腸

ニキビの原因は、古い角質が溜まり、それが皮脂と混ざり角栓ができ、その角栓の下で皮脂をエサとするアクネ菌が増殖することで起こります。 古い角質が溜まる原因は主に肌のターンオーバーの乱れです。 このことからも、口周りのニキビの原因の一つが肌サイクルの乱れです。 口周りの皮膚は薄く、刺激や摩擦を受けやすい場所です。 食事の後にはナプキンなどで口を拭きますよね。 この行動も摩擦を与える要因となり、口周りの肌サイクルを乱す原因の一つです。 また、毎日のスキンケアでも肌サイクルを乱す原因があります。 毎日フェイスケアをしているという人は多いのですが、洗顔後の保湿では、口周りを意外と見落としがちです。 口周りのニキビが気になるという人は、まず普段の生活習慣やスキンケアを見直してみましょう。 口の周りニキビはストレスも関係ある? ストレスは自律神経に影響を与えます。 この自律神経は血管の拡張や収縮に関係をしていて、ストレスを感じると血管を収縮してしまいます。 ストレスを感じ続けることにより、血流の悪化を招き肌サイクルに影響を与えることになります。 また、 ストレスによって男性ホルモンが優位に働きます。 この男性ホルモンは皮脂の分泌量にもかかわっています。 男性ホルモンが多く分泌されるようになると、それに伴い皮脂の分泌量も多くなる傾向にあり、ニキビができやすくなるのです。 自分なりのストレス解消法を見つけておくことで、このストレスにも強くなり、ニキビができにくい状態を作ることができます。 いつもシャワーで済ませているという人は、お風呂につかることを習慣としてみてはいかがでしょうか。 お風呂は血流を促進し、ストレス解消効果もあります。 その他にも運動をしたり、好きな音楽を聴く、親しい友達とのおしゃべりもストレス解消効果があります。 治し方は? 口周りのニキビの治し方としては、肌の環境を整えてあげることが重要です。 口周りにいつも刺激や摩擦を与えていたのでは、どんなケアをしても十分な効果は得られません。 食事の時に口の周りを拭くときには、ナプキンなどを押さえるようにして拭き取りましょう。 また、口の周りにニキビができやすいという人は、口の周りを触る癖がある人が多いようです。 手から雑菌が侵入する可能性もあることから、この癖がある人はその癖を治すように心がけましょう。 毎日のスキンケアでは、口の周りを意識して保湿をしましょう。 口周りはどうしてもこの意識が不足しがちです。 口の周りは乾燥しやすいということを意識しながらスキンケアをすることで、徐々に肌サイクルが整い、ニキビのできにくい状態にすることができます。 また、飲み過ぎや食べ過ぎも良くありません。 スポンサーリンク かゆくなることもある? 口周りにニキビができるとかゆみを伴うことがあります。 この、 かゆみを伴う原因としてはニキビの炎症によって起こっているということもあるのですが、それ以外にもエアコンなどによって空気が乾燥することによって肌も乾燥してしまう、不衛生な寝具を使うことによって雑菌が付着し、その雑菌からの刺激を受けることによってかゆみが出てしまうなどが考えられます。 ここでしてはいけないことが刺激を与えることです。 炎症が起きている状態で刺激を与えてしまうとニキビを悪化させる原因となります。 ニキビが悪化すると、皮膚の真皮層まで影響を与えてしまい、症状が治まってもクレーターのようなニキビ跡が残ってしまうことがあります。 ニキビのかゆみを抑えるには、その肌を衛生的に保つことも重要です。 かゆいからといって手で触っていたのでは、その場所が不衛生な状態となり、さらにかゆみが増すこともあります。 ただ、かゆい時にはどうしても我慢できないという時もありますよね。 そんな時には、衛生的なタオルを水に濡らしてあてたり、保冷剤などを使い冷やすことで、一時的にかゆみを止めることができます。 大量にできることもある? 口周りにいくつかのニキビができることはありますが、ニキビに似た症状のケースもあります。 ヘルペスと呼ばれる症状で、この症状もニキビのような症状が大量にできることがあります。 口周りのニキビの原因は皮脂や古い角質、内臓の機能低下、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、このヘルペスの場合にはウイルスが原因で起こります。 そのため、ニキビとは全く違う症状となります。 ニキビと違う症状ということは、治療や対処法も違ってくるということです。 ニキビとヘルペスとの違いとして、ニキビは赤みを伴うこともありますが、ヘルペスは赤くはありません。 また、水ぶくれができているというのもヘルペスの特徴です。 このような特徴がみられたときには、皮膚科に行くことをおすすめします。 病院で適切な治療を受けることにより、このヘルペスは数日で完治させることも可能です。 ヘルペスはウイルスが原因ということもあり、伝染してしまうこともあるので、病院で早期解消することをおすすめします。 ジンクスだと片づけてはいけません 胃腸が弱ると口周りにニキビができると聞いたことがある人も多いと思います。 しかし、これをジンクスだと思っている人も多いようですが、実はジンクスと言い切れません。 胃腸が弱っている状態では血流が悪化をしています。 この血流悪化がニキビを招いているのです。 胃の調子が悪くなると血流が悪化し、• 体に疲労感を感る• めまい• 立ちくらみ などの症状が起こります。 胃は単体の臓器ではなく、食道や腸などにもつながっていることからも、様々な場所に影響を及ぼすこともあります。 また、胃や腸は食べ物を消化し吸収するという働きがあるのですが、ここの機能が弱ることにより栄養吸収が悪くなるのも、ニキビができる原因と考えられます。 このように、 胃や腸はニキビにも影響することから、これらの臓器の働きを整えることはニキビ予防には重要です。 食べ過ぎや飲み過ぎは胃や腸に大きな負担を与えますし、ストレスも胃には悪いことは多くの人が知っている事実です。 内臓の調子を整えてニキビ予防をしていきましょう。 治した口コミは? 口周りのニキビで悩んでいた人の解消法の中には、漢方を利用したという声を見ることができます。 病院に行ってこの漢方薬を勧められたという人もいて、漢方薬を飲んで3ヶ月程度でニキビができなくなったという人もいます。 この漢方薬を利用した人の中には、病院で処方された軟膏や抗生物質が体に合わず、発疹がが出てしまうという人がいました。 しかし、漢方薬ではそんなこともなく改善できたようです。 また、乳酸菌などを含む整腸作用のある市販薬を服用してみると明らかにニキビが減ったという声も見ることができました。 この声からも、 胃や腸などの内臓がニキビには影響を与えることがわかります。 毎日の食生活を整えることも重要ですし、市販薬やサプリメントなどを利用して、胃や腸の状態を整えるのも一つの方法です。 この口周りのニキビでは生活習慣も重要で、口コミの中にはシフト制の仕事から9時~5時の仕事に変わってからニキビができなくなったという声もあり、 規則正しい生活をすることも重要であることがわかります。 口周りのニキビで悩んでいる人は、正しいスキンケアやバランスの良い食事、生活習慣を見直すことが重要なポイントとなりそうです。 口の周りのニキビは胃腸が原因?【効果があった治し方はコレ!】まとめ 口の周りは、皮膚が薄く刺激や摩擦に弱い為、肌サイクルが乱れやすいです。 口回りは、摩擦を与えないようにし保湿をしっかりしましょう。 また、胃腸が弱っているときは、血流が悪くなりニキビにも影響を与えます。 このように胃腸の状態とニキビは関係がありますので、口回りのニキビが気になるときは、食べ過ぎなど生活習慣の見直しも考えてみましょう。

次の

口周りの思春期・大人ニキビ、特徴は何?治し方は?

口 周り ニキビ 胃腸

口唇ヘルペスと口周りニキビの間違えに注意! 口周りにできたニキビは、口唇ヘルペスと少し似ているので間違えないようにしましょう。 口唇ヘルペスはニキビとは原因も治し方も全く異なるので、ニキビのケアをしても治りません。 それぞれの特徴を理解した上で、自分の口周りを確認してみてください。 口周りニキビ 引用: ニキビは 毛穴の中に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖してできるもの。 口周りの皮膚や、唇との境目などにできます。 逆に毛穴がないところにはできないので、唇の上にできている場合はニキビではありません。 できものの中心に白い芯があるのが見た目の大きな特徴です。 毛穴詰まりを取り除き、炎症を抑えることで治せます。 口唇ヘルペス 引用: 【口唇ヘルペスのニキビとの違い】• 唇の上など粘膜部分にできる• 赤く腫れて水ぶくれになる• ピリピリとした痛痒さがある• 他の人にうつる 口唇ヘルペスは ヘルペスウイルスによる感染症で、唇の上など粘膜部分にできるものです。 発症すると唇付近が 赤く腫れて水膨れができます。 人によってはムズムズとしたかゆみや、ピリピリした痛みを伴うことも。 水ぶくれの中にはウイルスがたくさん繁殖しているので、水ぶくれが破れると他の人に感染することがあります。 1~2週間ほどで自然に治りますが、痛みがひどかったり水ぶくれが破れてしまったときは、皮膚科を受診するのがおすすめです。 繰り返す口周りニキビの原因ってなに? 口周りにできるニキビの原因は、体の内側と外側の問題が入り混じっていて複雑です。 【口周りニキビを作る体の内側の問題】 ・食生活の乱れで胃腸がヘトヘトになっている ・ストレスで皮脂を増やす男性ホルモンが多くなっている 【口周りニキビを作る体の外側の問題】 ・摩擦刺激を受けやすく乾燥している これらの原因について1つ1つ詳しく解説していきます。 肌は「内臓を映す鏡」と言われますが、口周りのニキビや肌荒れは 胃腸の乱れと深く関係しています。 口は食道を通して胃・腸と繋がっているため、 消化器官の乱れがダイレクトに反映されてしまうんです。 甘いものや油っこいものが好きで毎日のように食べている• 接待や飲み会が多くほぼ毎日お酒を飲んでいる• 帰りが遅く寝る直前にごはんをよく食べている など、これらは胃腸に負担をかける食事の典型例。 食べすぎたり飲みすぎれば、消化しきるまでに時間がかかります。 また寝る直前の食事は、眠っている間にも消化を続けないといけませんよね。 胃腸がずっと働きっぱなしで休む時間がないので、ヘトヘトに疲れてしまいます。 ストレスで皮脂を増やす男性ホルモンが多くなっている 人間は悩みごとや睡眠不足など心身にストレスを感じると、ストレスに打ち勝つために男性ホルモンをたくさん分泌します。 しかし 男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあり、皮脂で毛穴を詰まらせニキビをできやすくさせてしまうんですね。 そして口周りはこの男性ホルモンの影響を大きく受けるパーツです。 (男性だけ口周りに濃くヒゲが生えてくるのは男性ホルモンの影響。 口周りニキビを作る体の外側の問題 口周りは食べ物・飲み物・歯磨き粉・口紅など汚れがつきやすく、それを拭うときの 摩擦で刺激を受けやすいです。 男性の場合は、髭剃りもシェーバーで肌に傷がつくので強い刺激になります。 もともと口周りの皮膚はうすくてデリケート。 摩擦を受けると肌の皮脂や潤いがすぐにもってかれてしまうので、乾燥しやすいんです。 肌は乾燥するとゴワゴワして古い角質が剥がれにくくなります。 古い角質が剥がれにくくなる= 肌のターンオーバー (生まれ変わり) が乱れるということ。 ターンオーバーが乱れると、毛穴の詰まりもスムーズに排出できません。 毛穴が詰まりやすくなり、結果的にニキビのできやすい肌になってしまうわけです。 口周りニキビを治す!体の内側のケア方法 口周りにできるニキビの原因は体の内側と大きく関係しているので、 まずは生活習慣を見直すことが大切です。 日常生活で特に気を付ける対策方法を2つご紹介します。 食生活を見直し、胃腸をいたわってあげる 胃腸に負担をかけない食事をこころがけることが大切です。 食事で気を付けるポイントは以下の3つ。 腹八分目に抑えて暴飲暴食をしない• 1口30回噛んでから食べる• 寝る3時間前までに済ましておく ついつい食べすぎてしまう、飲みすぎてしまう人は、普段から腹八分目を意識しましょう。 「お腹いっぱいで何も入らない」ではなく「あと少し何か食べたいかな」という段階で食事をストップすることです。 消化にかかる時間を減らせるので、 胃腸の負担を軽減できます。 またよく噛んで食べるのも大事なポイント。 1口ごとに30回噛んでから飲み込むと、 胃が食べ物を分解しやすくなります。 さらによく噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べすぎ防止にもつながるんですね。 そして最低でも寝る3時間前には食事を済ませましょう。 胃の中で食べ物が消化されるのに3~5時間かかるからです。 3時間前までに済ませておけば、 睡眠時に胃腸もしっかり休ませてあげられます。 食事は消化のいいものを取り入れる 胃腸に負担がかからない消化のいいものを取り入れて、胃腸を少し休ませてあげましょう。 やわらかいもの・温かいものは、消化しやすく胃腸への負担が少ないです。 逆に 冷 たいものや刺激が強いもの (香辛料・酸味料など)は、胃の粘膜が刺激されて負担になるので気をつけましょう。 消化のいいものと消化の悪いものをそれぞれ紹介します。 【消化のいいもの】 ・お粥、雑炊、うどんなどのやわらかいもの ・湯豆腐、温野菜などの温かいもの ・バナナ、りんご、ももなどの酸味の少ない果物 【消化の悪いもの】 ・玄米、パスタなどの固いもの ・天ぷら、唐揚げなどの揚げ物 ・ステーキ、豚トロなどの脂の多い肉 ・刺身、ユッケなどの生もの ・唐辛子、わさびなどの辛いもの ・ケーキ、チョコレートなどの甘いもの ・アイス、かき氷などの冷たいもの ・レモン、酢などの酸味が強いもの ・コーヒー、紅茶などのカフェインを含む飲みもの ・コーラ、サイダーなどの炭酸飲料 ・ビール、カクテルなどのアルコール 「パスタをよく食べる人はうどんに変える」 「毎日アルコールを飲んでいる人は週2~3日などに頻度を減らす」 など少し工夫するだけでも、胃腸の負担は軽減できます。 毎日意識するのは難しいかもしれませんが、 せめて口周りのニキビがひどいときだけでも気を付けてみてください。 口周りニキビにはビタミンB群が効果的 口周りニキビを治すためにはビタミンB群を積極的に摂取しましょう。 特に 胃腸の粘膜を保護する【ビタミンB2・B6】、ストレスから体を守る【ビタミンB1・B12】がおすすめです。 それぞれ多く含む食材は以下になります。 【弱った胃腸に効果のある漢方薬】• 六君子湯(リックンシトウ)• 安中散(アンチュウサン)• 大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)• 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)• 麻子仁丸(マシニンガン) 漢方は薬なので、食べ物やサプリに比べると整腸効果が強いです。 弱った胃腸の働きを高めて、しっかりと口周りのニキビを治すサポートをしてくれます。 ただし 薬なので副作用が出やすいことも忘れないでくださいね。 特に漢方薬は種類がたくさんあり、人それぞれ合うものも合わないものが全く違います。 ネットから買うこともできますが、なるべく 薬剤師さんに相談して自分にあったものを見つけるのがおすすめです。 関連: 心身ともにストレスを発散する ストレスによる男性ホルモンの増加を防ぐためにも、 心身ともにスッキリさせましょう。 精神的なストレスも身体的なストレスも解消することで、男性ホルモンの分泌を抑えられます。 リフレッシュして精神的なストレスを発散 「家に帰ってからも仕事のことを考えてしまう」 「不安や心配ごとが頭から離れなくてなかなか寝付けない…」 など、いつも考え事をしていてリラックスする時間がない人は、ストレスがたまっていること間違いなし。 なるべく リラックスできる時間を作って、ストレスをこまめに発散しましょう。 ヨガやストレッチで気持ちを落ち着かせる• 好きな映画やドラマを見て気分転換をする• 湯船につかってリラックスする• 猫や犬など好きな動物にふれて癒される など、どんなことでもOK。 自分の好きなことをしてリフレッシュしてください。 中でもおすすめは、 ヨガ・ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動。 運動は気分がスッキリするだけでなく、血行も良くなるのでターンオーバーの改善にもつながります。 【寝る前に気を付けるべきな4つのこと】• テレビやスマホなどブルーライトを見ない• コーヒーや紅茶などカフェインを摂らない• タバコを吸わない• 筋トレなど激しい運動はしない ブルーライト・カフェイン・タバコ・筋トレなど、これらはどれも脳や体を覚醒させて眠りを浅くさせます。 寝る直前にしてしまうとぐっすりと眠りにつけないので気をつけましょう。 また平日が忙しく休日に寝だめをしたい人は、 遅く起きるのではなく早く寝るようにして睡眠時間を長くしましょう。 睡眠のリズムは朝に太陽を浴びることで調整されます。 朝起きる時間がずれると睡眠のリズムが崩れて逆に体が疲れるので、遅く起きるのはNGです。 夜早く寝るようにすれば睡眠のリズムを崩さずに睡眠不足を解消できます。 口周りのニキビを治すための外側からのケア方法 口周りは摩擦刺激を受けやすく乾燥しやすくなってしまっていると言いました。 なのでスキンケアでは 「お肌を乾燥させないこと」を意識しましょう。 この2つを意識するだけOKなのでとっても簡単。 お肌が水分たっぷりの状態をキープできれば、 ターンオーバーが整いニキビやニキビ跡ができにくい肌にできます。 クレンジングや洗顔で肌のうるおいを奪いすぎないようにする まず乾燥を防ぐためには、 クレンジングや洗顔料の洗浄力の強さに気をつけることが大切です。 洗浄力が強すぎるものを毎日使うのはNG。 もとからお肌にある皮脂や水分がごっそり抜けてお肌がカラカラになってしまいます。 なのでなるべく洗浄力がマイルドなクレンジングと洗顔料を選び、 お肌の皮脂や水分を落としすぎないようにしましょう。 クレンジングはジェルかクリームタイプを選ぶ クレンジングを選ぶときは形状に注意して選びましょう。 おすすめは、ジェルかクリームタイプ。 肌に 必要な皮脂を取りすぎずにメイク汚れだけをしっかり落とせるので、肌のうるおいを守れます。 逆に オイルクレンジングや拭き取りタイプのクレンジングシートはNGです。 オイルはメイク落ちがとてもいいですが、その分肌に必要なうるおいも一緒に落としてしまいます。 特に安価 (1,000円以下)のクレンジングオイルは、脱脂力が強すぎる安いオイルを使っている可能性があるので気をつけましょう。 拭き取りタイプのクレンジングシートは絶対にさけてください。 メイクを拭き取るときの摩擦がニキビを刺激しますし、メイク落ちもよくありません。 メイク汚れが毛穴に詰まってニキビの原因になることもあるので要注意です。 肌を乾燥させないクレンジングがほしい方は、こちらの記事もチェクしてみてください。 肌を乾燥させにくいやさしい洗顔料がほしいという人は以下の記事でチェックしてみてください。 保湿ケアでお肌にうるおいをたっぷり入れてあげる 保湿ケアで お肌に潤いを入れる&閉じ込めて1日中ぷるぷるの肌を作りましょう。 角質を柔らかくして、ターンオーバーを整えるためです。 お肌の生まれ変わりがスムーズになれば• 傷ついた肌が排出されて、今ある 口周りのニキビ・ニキビ跡が早く治る• 毛穴が詰まりにくくなり、 新しい口周りニキビができにくくなる といった効果を期待できます。 特に「ニキビができると悪化しやすくて、すぐニキビ跡になってしまう・・・」と悩んでいる人は、保湿を徹底するのがおすすめ。 できてしまったニキビを早く治し、ニキビ跡のできにくい口周りに改善していけます。 もともとお肌の中にいる成分なので、 肌なじみがとってもいいんですね。 お肌にぴったり密着して、しっかり乾燥を防いでくれます。 ただセラミドはヒト型以外にも種類があるので、間違わないように気をつけてください。 成分表示の上位に 「セラミド+数字orアルファベット」の記載があるか要チェック。 書いてあればヒト型セラミドが入っている証拠です。 植物セラミド (コメヌカスフィンゴ糖脂質など)や化学的に合成された疑似セラミド (セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど)は、保湿力が高くありません。 パッケージに 「セラミド入り」と記載があっても、ヒト型セラミドではないこともあるので、しっかり確認することが大切です。 おすすめのヒト型セラミド入り化粧品が気になる方はこちらからチェックしてみてください。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の