ハッピーマニアタカハシ。 コミック「ハッピーマニア」を見たけど、誰も重田や貴子を責められな...

コミック「ハッピーマニア」を見たけど、誰も重田や貴子を責められな...

ハッピーマニアタカハシ

1995年に連載スタートした、安野モヨコさん原作の漫画 『ハッピーマニア』。 90年代の女性たちにとっては恋愛のバイブル的な作品で、1998年には稲森いずみさん主演でドラマ化されました。 その『ハッピーマニア』が 16年の時を経て帰ってきたというではありませんか……! 当時掲載されていた月刊漫画雑誌『フィール・ヤング(FEEL YOUNG)』(祥伝社)の26周年を記念し、2017年7月7日に発売の8月号にて待望のカムバック。 シゲタが、フクちゃんが、タカハシが、しっかり年取って 40代に。 『ハッピーマニア』のその後を描く 『後ハッピーマニア』として、 読み切りではなく連載で復活したんだってよーーー!! そんなシゲタのことを一途に想っていたのが、当時21歳で元同僚の タカハシ(高橋修一)。 シゲタが何をしようが、どんなに振り回そうが、強い愛と謎の使命感によって大切にし続けるのです。 とはいえ、タカハシは途中で記憶喪失に陥り、その間に知り合った女性とワチャワチャする時期も。 しかし紆余曲折を経て、最終回では シゲタとの結婚に至ったのでした。 【『後ハッピーマニア』ではなんと、タカハシが…!!! 誠実を絵に描いたような男性なのですが……誠実であるがゆえに、その真面目さから、『後ハッピーマニア』において 事件を引き起こしてしまうのであります。 一途なオトコだから、浮気はしない。 するのは、 本気の恋だけ。 安野さんも自身のツイッターで 「七夕の日に掲載とはなんて皮肉な……」とつぶやいておられましたが、ホントそれ。 フクちゃんもフクちゃんで 複雑な家庭の事情を抱えているみたいだし、これからひと波乱もふた波乱も起こりそうで、ワクワクするぞおおおおお!! あ、ちなみに『後ハッピーマニア』初回では、 フクちゃんのスッピンも拝めますわよ。 【話題作『あなそれ』最終回も読めるよ~!】 『フィール・ヤング』8月号にはそのほか、ジョージ朝倉さんの『夫婦サファリ 外伝』や、いくえみ綾さんの『あなたのことはそれほど』の最終回も掲載されていて読み応え抜群です。 これで500円ぽっきりって、めちゃ安~! 安野さんのツイッターによれば、『後ハッピーマニア』の続きが読めるのは 「来年くらい」とのこと。 別作品の執筆を終わらせ、単行本を出してから改めてスタートするようなので、首を長~くして待つことにいたしましょうね! 【前作もチェックしておきましょう】 『ハッピーマニア』を読んだことがないという平成生まれのあなた、そして「しばらく読んでないから内容忘れちゃった~」というあなた。 新作を読む前に、前作を一読しておくことを強~くおススメしておきます。

次の

45歳まで何があった…? 『ハッピー・マニア』の新展開に大人女子は目が離せない(マグミクス)

ハッピーマニアタカハシ

1990年代、女性読者を中心に多くの支持を集めた安野モヨコ先生の『ハッピー・マニア』は、2019年に続編の連載が始まり、新展開を迎えています。 現代の大人女子に刺さる同作の魅力について、別冊なかむらりょうこさんが解説します。 * * * 『ハッピー・マニア』は、1995年に祥伝社『FEEL YOUNG』にて連載を開始し、1998年には稲森いずみさんと藤原紀香さん出演でTVドラマ化もされました。 ここで『ハッピー・マニア』のあらすじをおさらいしたいと思います。 「彼氏が欲しい」が口癖の24歳・重田加代子(シゲタ)。 理想の男性を見つけては、容姿から職業まで変えて、その恋に突っ走ります。 そんなシゲタの暴走に呆れながらもアドバイスをくれるのは、美しく仕事もできる親友のルームメイト、29歳・福永ヒロミ(フクちゃん)。 シゲタはすぐに男性に体を許し、その上で彼女にしてもらえないことを思い悩む日々を繰り返していますが、そんなシゲタを陰ながら好きになってしまったのがシゲタのバイト先の同僚で大学生の高橋修一(タカハシ)。 シゲタは無事素敵な彼氏ができるのか……?! ここ数年、90年代以降に大ヒットした少女マンガ作品の続編が次々と発表され、その度に大人女子たちは喜びの声をあげています。 自分をトキメかせてくれたキャラクターたちが、物語の中で時を経て成長している。 現実を生き、大人になった私たちには懐かしさがこみ上げるとともに、日々の励みとなっています。 しかし昨年、とある作品の続編が始まり、喜びの声とともに、「悲痛な叫び」が上がっているのをご存知でしょうか……? 若かった主人公の今の姿とは……。 その作品が、こちらです。 安野モヨコ先生新連載、『後ハッピー・マニア』。 安野モヨコ先生の『ハッピー・マニア』の続編で、2017年に一度読み切りとして掲載され人気を博し、2019年9月より連載開始しております!(掲載誌は祥伝社「FEEL YOUNG」です) 安野モヨコ先生は、『シュガシュガルーン』や『働きマン』、『さくらん』など、アニメ化やTVドラマ化、映画化される大ヒット作品を数多く執筆されています。 2013年、約6年ぶりに発表された『鼻下長紳士回顧録』は、2020年3月に発表された第23回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で優秀賞を受賞されました。 『新世紀エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明監督を旦那さんに持ち、庵野監督のオタクっぷりに振り回される安野先生の日常を綴ったエッセイ『監督不行届』も、2014年にはアニメ化。 そんな安野先生の初連載作品が、この『ハッピー・マニア』です。 同作は、一般的な少女マンガのスピード感とは一線を画しています。 シゲタは、「好きなったら一直線! 体を重ねなければ始まらない! 転んでも即立ち上がる!」。 時には相手に恋人ではなく体だけの関係と見なされたり、二股かけられたり、不倫を納得したり、交通事故にあったり、ストーカーと化してしまった相手からは誘拐されたり、突如陶芸家に弟子入りしたりと、人生の恋愛事情でひとつでもあればビックニュースのような代物ばかり。 シゲタの爽快なダメっぷりに笑ってしまうとともに、何だか自分に刺さる部分も……。 連載当時から、恋に真っ直ぐになってしまうシゲタに共感する声も多く上がっていたようです。 そして、そんな失敗を繰り返すシゲタの側にずっといたのがタカハシ。 第1話の段階で、シゲタは自分を好いてくれるタカハシについてこう思います。 「こんなんじゃないの 私みたいな女の子 スキになんかならない カッコイイ男の子」 こんな自分を好きになる人は気持ち悪い。 シゲタの恋愛観と自己評価は常に絡み合っているのです。 そして、『後ハッピーマニア』。 紆余曲折ありながら自分をずっと好きでいてくれたタカハシと結婚式を迎えるも、「…これがシゲタか」と言う衝撃的なラストで終わった『ハッピー・マニア』。 そこから時は流れ、シゲタは45歳に。 『後ハッピー・マニア』はなんと、シゲタに一途だったタカハシから離婚を勧告されるところから始まる物語です。 どれだけ破天荒でもタカハシだけはずっとシゲタを好きだと思っていた読者からは、度肝抜かれるスタートでした。 親友のフクちゃんも時を経てアラフィフに。 美しさはそのままですが、幸せだった結婚生活は……。 『ハッピー・マニア』のラストの結婚式からこれまでに何が起きたかが、物語の随所随所に描かれています。 その展開にショックを受ける読者も多いですが、安野先生曰く、「世の中的に、旦那さんの方がずっと奥さんのことを好きで好きでみたいなご夫婦も、奥さんがわがまま放題で調子に乗りすぎて終わる、という話がけっこうあるんだな」と。 タカハシの離婚の理由、そして、45歳でひとりになるかも知れないシゲタと周囲の流れ。 自由にエネルギッシュに生きてきたシゲタの今後が気になって仕方ないのです。 現在6話まで連載中。 単行本は2020年8月に発売予定のようですが、電子書籍サイト「コミックシーモア」では1話ずつの単話購入ができるようになっています。 初めての方はぜひ、両作品を読み返しながら読むことをオススメいたします! 令和のシゲタの生き方を、ともに見守りましょう! 別冊なかむらりょうこ.

次の

ハッピー・マニア

ハッピーマニアタカハシ

ハッピー・マニアのあらすじ紹介 イイ仲になった男子たちと別れたり、 事故に遭ったり失業したりと、 何かとついていないシゲタ。 そこで心機一転、今年は仕事に生きると 気合いを入れ直してみたものの、 全財産の入った財布を落としてしまい しかも同室のフクちゃんは結婚するため 部屋や仕事についても考えることに。 何とか職にはありつけそうですが、 とにかくお金も彼氏もいない苦境です。 そんな中シゲタは街中で、 友達に囲まれいつになく颯爽とした タカハシを発見。 彼の知られざる素顔に驚きますが、 そこでシゲタは倒れてしまいます。 ハッピー・マニアのネタバレと今後の展開は? シゲタ カヨコは「普通」の女性ですが、 強烈な恋愛体質の持ち主。 書店員という比較的地味な仕事ながら、 お客さんに日々ときめいています。 しかもとても外見が良く、積極的なので 気が付くと男性とイイ仲になることも。 しかし、超積極的なシゲタになびくのは 大体が肉食系の男性であり、とにかく すぐにシたいという欲求の持ち主なので 結局「幸せ」や「恋人」が欲しい シゲタさんには合いません。 書店にはタカハシという シゲタに惚れた若者もいますが 冴えない彼にはシゲタは冷たいです。 ある日、シゲタが勤めている書店に 眼鏡の女の子が入ってきました。 その女の子には彼氏がいて、 その彼はシゲタの一目惚れ相手でした。 元々容姿がドストライクで、 しかも好意がある相手ですので、 会ってからはトントン拍子。 デートなどの段取りも踏まずに 「男女の仲」になってしまいました。 しかし、それがバレてしまって シゲタは後輩に詰め寄られることに。 しかも慌てて逃げたところで 車に跳ねられてしまい、 全治数ヶ月の重傷を負ってしまいます。 サイト内で【 ハッピー・マニア】を検索! ハッピー・マニアの読んでみた感想・評価 とにかくパワフルでピュアな作品ですね。 シゲタさんは一見、とてもアダルトで しかも出来る女性ですが、 一目惚れをためらわず恋に 一挙に発展してしまう真っ直ぐさと 恋愛感情のためなら課せられた仕事を 完全に後回しにするタイプでもあります。 これは社会人としてはマズいですが、 見方を変えれば、 全てのエネルギーを恋に集中させる 少女の頃の気持ちを維持できている ということでもあります。 だから、色々と厄介な女性だなと 頭ではおもいつつも気が付くと シゲタさんにエールを送っていたり、 浮気性な彼氏たちにムカついたり 不思議とシゲタさんに落ち着いては 欲しくなかったりしたのかも。 有り得ないぐらいパワフルな女性の 有り得ないぐらい強烈な恋愛話だけに 現実だったらいいのに、とか、 もっと恋愛に熱中していれば良かったとか 色々なことを思ってしまいましたね。 もう発表されてから随分経つ作品ですが 古さをまったく感じさせないのはさすが。 携帯がまだあまり普及していなかったり IT化が進んでいなかったりの部分も 言われなければ気付かないレベルです。 ハッピー・マニアはこんな方におすすめな作品!必見 幸せというのは人それぞれですが、 その中でも恋人が欲しいというのは 代表的な欲求だと思います。 しかし相手がいることですので当然、 そう簡単にはいきません。 かと言って妥協しては面白くなく、 妙に打算を絡めても純粋ではない。 では、どんな相手だったらいいのか? 本作のシゲタさんは二十代半ば。 結婚して子供がいても自然な年齢ですが いまだに理想の相手を探しています。 それも収入性や職業などは置いておいて 外見で一目惚れしてしまうという 徹底した恋愛体質です。 状況的に「大人の恋」でもいい感じですが 彼女は徹底してピュアな立ち位置です。 だから体の関係があっても 自分なんかをスキにならない、 それでいて浮気はしないという 「王子様」を求めてやみません。 その複雑さが他の作品にはない部分で、 超肉食体質のシゲタさんに 恋愛経験が希薄な方でも 共感するところではないでしょうか。 とてもバイタリティに溢れており、 普通の暮らしの中でも恋愛が いかに重大なものかが分かる、 そういった意味では 日常漫画の良さもありますね。

次の