面白い 遊び 室内。 小学生でも楽しい!雨の日の室内遊び

面白い遊び24選|室内で大勢や1人でもできる楽しいゲームは?

面白い 遊び 室内

子どもと2人で遊ぼう 子どもと2人ですごす時間ができたときに、いっしょにできる面白い遊びをいくつか知っていると楽しめそうですね。 天気のよいときは庭先や近くの公園で子どもと体を動かして遊びたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。 雨の日などの外に出られないときにも子どもに楽しい時間をすごしてもらうために、室内でできる面白い遊びを考えているママやパパがいるかもしれません。 実際に、ママやパパたちは子どもと2人でどのような遊びをしているのでしょう。 室内で2人でできる面白い遊び 室内で子どもと2人でできる面白い遊びにはどのようなものがあるのでしょう。 ママやパパたちに聞いてみました。 ジェスチャーゲーム 「私は子どもと2人でジェスチャーゲームをして遊ぶことがあります。 子どもの好きな動物の動きをおおげさにジェスチャーで表すと大笑いしながら当ててくれます。 子どものジェスチャーも面白く、2人で何度も繰り返し遊んでいます」(3歳児のママ) 「私は『歯を磨く』『服を着る』などの子どもの生活の様子を取り入れてジェスチャーゲームをしています。 『ママがご飯を作る』などの複雑なお題のときは、問題を出す方も答える方も必死になり、2人で大盛り上がりで遊べます」(5歳児のパパ) ジェスチャーゲームは子どもと2人でできる遊びのようです。 子どもの興味などにあわせてお題を工夫してみても面白いかもしれません。 ジェスチャーゲームはちょっと時間が空いたときにもできる道具のいらない遊びなので、毎日のように楽しんでいるというママの声もありました。 窓にお絵かき iStock. 子どもと2人で窓に大きなビニールを貼り『今日はお花畑にしよう』などとテーマを決めてマジックでお絵かきを楽しんでいます」(4歳児のママ) 窓を大きなキャンバスにして子どもと2人でお絵かきをして遊ぶママがいました。 窓に思い切り絵を描くことができれば、天候の悪い日でも室内で子どもと楽しくすごせそうです。 寒い日は窓についた結露を使ってお絵かきをするのも面白いかもしれません。 的当て遊び 「子どもと2人で遊ぶときには手作りの割り箸鉄砲を使って的当て遊びをしています。 的を画用紙で作り、ゴムが当たると子どもの好きなキャラクターが起き上がるようにしたところ、面白がって何度も遊んでいました」(6歳児のパパ) 的当て遊びは子どもも大人も楽しめる面白い遊びかもしれません。 的になる絵を子どもと2人で描けば、さらに喜んで遊んでもらえそうです。 子どもが小さい頃はやわらかいボールを使って的当てをしたというママの声もありました。 屋外で2人でできる面白い遊び 屋外で子どもと2人でできる面白い遊びにはどのようなものがあるのでしょう。 ママやパパたちに聞いてみました。 押し相撲 「子どもと外で遊ぶときは2人で押し相撲をすることがあります。 押し相撲は力の入れ具合やタイミングを工夫することで子どもと大人が対等に遊べるので、子どもが勝つこともあり2人で楽しむことができます」(5歳児のママ) 押し相撲は押し方を考えて相手を手のひらだけで押す遊びなので、子どももママやパパに勝つことができ、親子で楽しめる遊びかもしれません。 道具や広い場所も必要ないので、ちょっとした空き時間に遊ぶこともできそうです。 影踏み鬼 iStock. 子どもが太陽の向きを考えて私の影を踏むようになったので、2人で大はしゃぎで遊んでいます」(5歳児のママ) 影踏み鬼は2人でも楽しめる外遊びのようです。 子どもが大人の周りを走り回って影を踏んだり、大人から上手に逃げたりすることができるので、親子でできる面白い鬼ごっこかもしれません。 ボール遊び 「うちの子どもはボール遊びが好きなので、休日には公園に行って2人でボール遊びをして体を動かしています。 最近は1対1のサッカーをしますが、子どもが私からボールを取って大喜びをすることもあります」(6歳児のパパ) 「私は子どもと2人でソフトバレー用のボールを持って公園に行き、転がして当てっこをしています。 当たっても外れても面白いので2人ではしゃいで遊んでいます」(3歳児のママ) 屋外で子どもと遊ぶときにボールを使えばさまざまな面白い遊びができそうです。 子どもにあわせて、投げる、蹴る、転がすなどの遊び方や、選ぶボールの種類を工夫してみるとよいかもしれません。 子どもと2人で楽しむコツ 子どもと2人で遊びを楽しむためのコツをママやパパたちに聞きました。 遊びのルールをいっしょに作る 「我が家では遊ぶときのルールを子どもと話しあっていっしょに作ることにしています。 鬼ごっこをするときには逃げる範囲や休み方、捕まえ方などを子どもと相談することで面白いルールができることがあります」(5歳児のパパ) 子どもと会話ができるようになったら遊びのルールを相談して決めるのも楽しそうです。 子どもと話しあうことで既成のものよりも面白い遊びになるかもしれません。 子どもの提案で2人とも利き足ではない方でボールを蹴るルールにしたところ、とても面白いサッカーができたというママの声もありました。 準備や片づけも遊びに取り入れる 「子どもと2人で遊ぶときは、遊びの準備から片づけまでいっしょに行うようにしています。 2人で協力して遊びの準備をすることで、面白い遊び方を思いつくこともあります。 また、2人で片づけをしていると、子どもとのスキンシップが取れるように感じます」(4歳児のママ) 遊びのための準備や片づけを子どもといっしょに楽しんでいるママがいました。 2人で準備をするうちに子どもの気分も盛り上がってくるかもしれません。 おもちゃの片づけをするときに「片づけ競争をしよう」と言って始めれば、最後まで遊びを楽しめそうですね。 子どもと2人で遊びを楽しもう.

次の

保育園で楽しめる「室内遊び」を年齢別に紹介

面白い 遊び 室内

また、子供会や季節のイベント、おうちでのパーティ、レクリエーション、アイスブレイクなどでも、 ちょっとした室内の遊びは大活躍してくれます。 雨の日はDVDや読書など静かに過ごすのも良いですが、体を動かして楽しんでみませんか? 「室内で小さな子どもと一緒に遊べる遊びはある?」 「中学生や大人でも参加できる室内遊びが知りたい!」 「道具や準備するものがなくて簡単に出来る遊びってないの?」 など、室内遊びと言っても、人数や年齢、準備物などで遊ぶ内容が変わってきますね。 長時間のドライブ中や、病院や遊園地での待ち時間などにも使える遊びがたくさんあります。 今回は、年齢別、そして場面別にわけて、たくさんの室内遊びをご紹介していきます。 ・赤ちゃん・幼児向け室内遊び9つ ・小学生向け室内遊び8つ ・レクリエーションなど大勢向け室内遊び7つ ・初対面!アイスブレイクの室内遊び4つ これからレクリエーションの幹事を任された人、急な天候の変化で外に遊びに行けなくなった親子、 室内でみんなと楽しく遊ぶゲームなどを探している先生方などの参考になれば嬉しいです。 赤ちゃんや幼児向けの親子で楽しめる面白い室内遊び9選 いっぽんばしこちょこちょ 昔から馴染みのある手遊び歌です。 5メートルおしり競争! 部屋の端から端の長さで、競争することができます。 体育座りをして、足を少し浮かせます。 手足を使わずに、移動していくゲームです! 意外と大人よりも子どもたちのほうが早く移動できることがあります。 みんなで、親子で楽しめる室内の遊びです。 お絵かき遊び 1歳前後から物を上手につかむようになってくるので、大きな紙を1枚準備して、 思う存分お絵かきして楽しみましょう。 赤ちゃんや1歳児は、描くだけでも楽しい遊びとなります。 3歳くらいになってくると、色分けや形分けなども上手に描くことができるようになってきます。 4歳前後では、対象物を見ながら真似して描くこともできますし、想像しながら描くこともできます。 大きな画用紙に「家を描いてみよう!」「水族館を描いてみよう!」とテーマを決めてあげることで、 さらに楽しいお絵かきの時間になります。 クレヨンに飽きてきたら、絵の具やスタンプ、のりやハサミなどを使って、年齢に応じて遊ぶと、 さらに素敵な作品が出来上がります。 からだじゃんけん 手と手で遊ぶじゃんけんですが、体全身を使ったじゃんけん遊びをやってみましょう。 「グー」はしゃがんで丸くなるポーズ、「チョキ」は手足を前後に広げるポーズ、 「パー」は手足を横に広げるポーズなど、お友だちと決めて遊びます。 体を大きく動かすことができるので、準備運動やちょっと体を動かしたいときなどにおすすめです。 新聞紙を使ったじゃんけん 2人以上で遊ぶことができます。 新聞紙をそれぞれ一枚ずつ床に敷き、その上に立ちます。 新聞紙から足が出てはいけません。 ジャンケンをして負けた方が、新聞を半分に折ります。 さらにジャンケンをして負けた方だけ新聞を半分に折っていきます。 段々と小さくなる新聞紙に、バランスを取りながら立っておかなければならず、 スリルとバランス感覚が楽しめるゲームです。 ペットボトルでボウリング おうちにある空き缶やペットボトルを使って、ボウリングをしましょう! 小さなお子様でも、ボールを転がすことができるので、 横にそれないように新聞などで道を作ってあげるとよいでしょう。 年長さんになってくるとボールのコントロールが上手になるので、ペットボトルに少しお水を入れて、 重さを付けてあげるとさらに楽しくなります。 風船遊び 赤ちゃんは動くものが大好きです。 100円ショップなどでも風船がたくさん入って、カラーバリエーションも豊富なものが販売されています。 雨の日ように、ひとつストックしておきましょう。 風船をポーンと投げ合う遊び、遠くに箱をおいて風船を入れるゲーム、ふくらまして口を閉じずに ビューっと飛ばして遊ぶゲーム、天井に吊るしてタッチするゲームなど、風船を使って遊んでみましょう。 しりとり 4歳前後からしりとりあそびができるようになってきます。 折り紙遊び 幼児期は手先をたくさん使わせてあげることで、脳の発達にも良いと言われています。 ビーズ通しや紐通しもよいですが、折り紙も楽しい遊びですね。 角と角を合わせるのも、まだ上手にできない子どもたちでも、簡単に出来る折り紙で、 自信と意欲を付けさせて、いろいろな形を作ってみましょう。 お母さんもたくさんおってあげて、動物園やお花屋さんごっこをして遊ぶのも楽しいですね。 魚をつくって、魚釣りゲームをすると、子どもたちも喜んでくれます。 親子で!友だちと!小学生向けの室内遊び8選 フルーツバスケット 小学校の雨の日の昼休みやみんなで遊ぶ日などで定番のフルーツバスケット。 みんなで椅子(人数分マイナス1個)を丸く並べて、円にします。 「もも・パイナップル・みかん」など3種類から4種類ほどの果物にグループ分けをします。 1人真ん中にたち「もも!」と叫ぶと、もものグループの子どもたちが、 今座っていた以外の椅子に座るために移動します。 真ん中の人もその隙に、椅子に座ります。 簡単な遊びですが、みんなでドタバタ・キャーキャーと盛り上がるゲームです。 すわり相撲 年長さん~小学校中学年くらいまで楽しめる遊びです。 2人が向き合って、体操すわりをします。 「はっけよーい、のこった!」の合図で、座ったまま手のひらを使ってお互いに押し合いましょう。 おしりを床につけて動いてもよいです。 床に手がついたり倒れたりしたら負けです。 白熱すると激しくなるので、周りの安全確保をしてから遊びましょう。 質問で当てようゲーム 先に答えを決めておきます。 例えば答えを「りんご」としましょう。 子どもたちに質問をさせます。 「食べられますか?」「はい。 」 「何色ですか?」「赤や緑があります。 」 「野菜ですか?」「果物です。 」 と、質問を繰り返していくとだんだんと答えが絞られていきます。 質問は3個までなど、制限を付けてみると、答えも分かれて想像力も使うので楽しいですね。 ジェスチャーゲーム 代表の人が前にでて、お題を聞き、その真似をします。 口でしゃべらずに体で表現して、何を表しているのか当ててもらいましょう! 恥ずかしいですが、恥ずかしがっている場合ではないので、みんなが楽しく遊ぶことができます。 グループに分けて競うのも楽しいですし、2人で交互にジェスチャーゲームをしても楽しいですね。 かるた お正月に遊ぶかるた、おうちで眠っていませんか? みんなが集まっているのであれば、かるた大会をしましょう! 読み手を決めて、みんなで札を取り合います。 集中力も鍛えられ、競い合うため、みんな一生懸命頑張ります。 お絵かき伝言ゲーム 1チーム3~6人ほどで、2チーム以上のグループを作り一列に並びます。 みんなスケッチブックをもち、お題に沿って後ろの人が絵を描きます。 描き終わったら、前の人を振り向かせて絵を見せます。 前の人に伝言していき、最後に一番前の人で答え合わせです。 もちろん、無言でするので、言葉で絵の内容を伝えてはいけません。 お題は「なわとびをしているゾウ」など組み合わせて少し難易度を上げると楽しめます。 おでこのビスケット おでこにビスケットやキャンディーなどのお菓子をひとつおきます。 手を使わずに顔を動かして口まで運び、先に食べた人の勝ちです! パーティなどで遊ぶと面白い顔になるので、見ている方も楽しくなります。 水中コイン落としゲーム 透明で大きめのグラスやお皿に水をたっぷりいれましょう。 その中に、小さなグラスを沈めます。 上からコインを落として、下のグラスに入れるゲームです。 コインが思ったように下に落ちずに横に流れていくので、意外と難しい! 商品をかけた勝負やパーティなどでも遊ぶことができ、小さな子どもたちも一緒に遊ぶことができます。 レクリエーションなどで大ウケ!大勢向け室内遊び7選 フルーツバスケットも定番ですが、それ以外にも大勢の子どもたちがいるときには、 いろいろな遊びを楽しんでみましょう。 ブーフーウー仲間探し遊び 幼児さんにおすすめの遊びです。 5人以上、たくさんいる場合に盛り上がります。 みんなで輪になり、代表の1人が子どもたちに順番に「ブー」「フー」「ウー」の名まえを付けます。 子どもたちはしっかりと自分の名まえを覚えておきましょう。 スタートの合図で、自分と同じ名前の友だちと集まって座りますが、 自分につけられた名前だけでしか、しゃべることができません。 それをアレンジして、大人数であれば、みんなで鬼ごっこをしてみましょう! 1部屋で10人ほどでも遊ぶことができ、今まで使わない筋肉を使うので、かなり疲れます。 さらに、歩いている姿も可愛く、笑いが絶えない鬼ごっこになります。 石になるゲーム ピアノで音楽が鳴り始めたら、大きく円を描くようにみんなで同じ方向に回ります。 動いてしまったら、真ん中にいって座りましょう。 また、ピアノの音楽が始まり止まります。 最後まで石になりきれるのは誰かな? 曲の速さを変えてみる、高音や低音にしてみるなど、音の変化もつけて楽しんでみましょう。 ジャンケン列車 まずはみんなバラバラに相手を見つけてじゃんけんをしましょう。 勝った人が前、負けた人は後ろに行き電車を作ります。 どんどんジャンケンを進めていくと、長い列車が完成です! 一番前の人が、ジャンケンが強いということになります。 ジャンケンをするたびに、後ろの人たちから頑張れー!と声が飛び交い、 チーム力があがるゲームです。 20秒を当てようゲーム 目をつぶって、スタートの合図から「1,2,3,4…」と数えていき、 20秒になったところで、手をあげます! 一番20秒に近かった人の勝ちです・ 高学年になれば、1分ジャストタイムで試してみてくださいね! ハンカチ落とし お楽しみ会やクラスでの学級会でも人気のハンカチ落とし。 ハンカチやタオルが一枚あればできるので準備物も少なくすぐに遊ぶことができます。 鬼を1人決めましょう。 鬼以外は円になり内側を向いて座ります。 鬼はハンカチをもって、時計回りに円の外側を周り、気づかれないように友だちの後ろにハンカチを置きます。 その間にさらに1週回ります。 気づいたお友だちはハンカチを持ち、鬼を追いかけて、タッチできれば成功! タッチできずに、鬼が座ってしまったら、次はその人が鬼となります。 棒を倒さずに移動するゲーム 新聞紙で棒を作り、1人1本ずつもち、円になります。 「せーの!」の合図で、棒から手を離し隣の棒が倒れる前に掴みます。 繰り返して、スピードをあげながら遊んでみましょう。 初対面で緊張気味!アイスブレイクにおすすめの室内遊び4つ 初めて遊ぶお友だちなどがいる時には、お互いに緊張してなかなか打ち解けないものです。 その緊張をときほぐすための方法をアイスブレイクといいます。 お互いに協力し合うゲームやコミュニケーションをとるゲームなどをすることで、 すぐに打ち解け、その後の生活がさらに楽しいものになります。 新入生がいるとき、遠くの親戚が遊びに来たときなど、初対面の人がいるときにはぜひどうぞ! 背中で伝言ゲーム まずは、1チーム4~5人で、2チームから5チームくらいに分けましょう。 代表の人が、お題を決めます。 年齢に応じで一文字や漢字などの文字を決めましょう。 小学生であれば「なつ」など二文字のひらがなから始めてみましょう。 さて、チームごとに一列に並び、一番後ろの人だけが答えを代表から聞きます。 誰もしゃべってはいけません。 後ろの人が前の人の背中に文字を書き、前の人はその文字を考えます。 さらに前の人にと伝言ゲームのように伝えていき、最後に答え合わせです。 書かれているととてもくすぐったいので、クスクス笑い声があがって、チーム力も上がり楽しい遊びになります。 指キャッチゲーム みんなで円になり内側を向きます。 右手は人差し指をだし、左手は輪っかを作りましょう。 右手を隣の人の輪っかに差し込みます。 代表の人が「キャーキャー…キャッチ!」と言った瞬間に、輪っかのほうの指をつかみましょう。 右手はつかまれないように逃げなければなりません。 2つ同時にするのでつかまえたり、逃げたりするのを楽しむことができます。 全員で立ち上がります。 その後、誰ともタイミングがかぶらずに、1人ずつ座っていきます。 もしかぶってしまったら、最初からやり直しです。 周りのお友だちと顔を見合わせながら、タイミングを計って楽しむことができます。 とっても簡単なゲームですが、これがとても盛り上がります! 私は誰?ゲーム 背中に、食べ物やキャラクターなどのイラストを貼ります。 それぞれ自分の背中の絵は分かりません。 周りの人に質問をしながら、背中の絵を当てていきます。 周りの人はヒントを与えてもよいのですが、答えを言ってはいけません。 誰が一番先に、背中の絵を当てられるか挑戦してみましょう。 まとめ 室内で遊ぶことができるゲームは本当にたくさんあります。 ひとつの遊びを、いろいろなアイデアで広げ、長時間楽しむこともできますね。 大勢でも、親子でも、お友だち同士でも遊べる遊びやゲームなので、 雨のため外で遊ぶことができない日や、室内での学級会、室内でのパーティの際に参考にされてください。

次の

小学生が喜ぶ室内ゲーム!子供会で盛り上がる遊び17選【決定版】

面白い 遊び 室内

暇つぶしに何か遊びをしたい時ってありますよね?大勢で外に居る時なんか特にそう思うでしょう。 ですが、遊びとなると何か道具な必要になる遊びが多いんですよね~。 道具が必要となると準備したりも大変ですし、そもそも遊べなくなる事だってあります。 そこで今回は、 暇つぶしにオススメな道具不要の遊びをご紹介! サクッと暇をつぶしたい時にオススメですよ! スポンサーリンク 道具不要の暇つぶしに最適な遊び15選! 道具不要の遊びその1・鬼ごっこ 道具不要の楽しい遊びと言えば、 やっぱり 鬼ごっこですよね! 走る足さえあれば、どこでもできる事ができます!大人から子供まで楽しめる、鉄板の遊びですね! 大人数で外で遊ぶのであれば 鬼ごっこをすれば間違いないでしょう。 様々な制限をつけて新しい鬼ごっこをするのもアリです。 外で運動するのはとても楽しいですよ! 道具不要の遊びその2・かくれんぼ 鬼ごっこと言えば、 かくれんぼを忘れてはいけませんね。 鬼ごっこと対をなす道具不要の遊びと言えるでしょう。 かくれんぼは鬼ごっこと違って、 そこまで激しい運動はしません。 大人同士で遊ぶ時には、鬼ごっこよりもかくれんぼの方が良いかも知れませんね。 屋外でもできますし、広い場所なら屋内でもする事が可能です。 ひっそりと隠れて遊ぶのは大人になってからでも楽しいですよ! 道具不要の遊びその3・指スマ 指スマと聞くと、ピンとこない方もいるかも知れませんね。 指スマは地域によって呼び方が変わりますからね~。 遊んでいる様子の動画を見てもらえれば、どんな遊びかはピンとくるかと思います。 ね?皆さんも一度はやった事があるでしょう? これならサクッと暇つぶしできますし、一回のゲームがスグに終わります。 ちょっとした合間に暇つぶししたい時にオススメですね~。 スペースも必要ないので、屋内でも十分楽しむ事ができますよ! 道具不要の遊びその4・しりとり 道具不要の遊びといえば、 しりとりも忘れてはいけませんね! 極端な話、喋る事ができればしりとりはできます。 しかもスグに始める事ができて、いつでも終わる事ができますからね~。 暇つぶしでする遊びの最高峰とも言える遊びです! ただ、普通のしりとりだと永遠にしりとりが続いてしまいます。 簡単過ぎると飽きてしまいますからね~。 面白くしりとりをしたいのなら、 「四文字しりとり」がオススメです! ルールはとっても簡単。 四文字の言葉でしりとりをしていくだけ! 回答時間は一分間で、その時間を過ぎるとアウトになります。 シンプルなルールですが、これが意外と盛り上がるんです!是非試してみて下さい! 道具不要の遊びその5・ジェスチャーしりとり あまり人目が気にならない場所なら、 ジェスチャーしりとりがオススメ! ジェスチャーしりとりとは、 その名の通りジェスチャーでしりとりを行っていくんです。 会話を必要としないので、喋る事ができない時でもできますよ! ジェスチャーしりとりの面白いのは、ジェスチャーをしている時です。 相手に伝えようと必死にジェスチャーをしている様子は、周りから見ると凄く面白いですからね~。 かなり笑えるゲームなのでオススメです! スポンサーリンク 道具不要の遊びその6・大喜利 ちょっと頭を使った遊びがこの遊び! 大喜利をして会話の中に笑いを生みましょう。 体は一切動かす必要はありませんが、頭は必死に動かさないといけません。 大喜利って頭をかなり使いますからね~。 頭の柔らかさが問われます。 面白い大喜利ができて、皆が笑ってくれた時はかなり快感ですよ!ハマればずっとやれるゲームの一つです。 道具不要の遊びその7・クイズ クイズもオススメのゲームですね~。 コチラも頭を使いますし、かなり暇をつぶす事ができます。 多く問題を覚えておけば、かなりの暇つぶしにもなりますしね~。 正解者にはちょっとしたご褒美をつけると更に白熱します。 ネットが使えない環境なら、事前にネットで調べて問題を覚えておきましょう。 紙等に書いてメモしておくのも良いですよ! 道具不要の遊びその8・心理テスト 道具不要の遊びと言えば、 心理テストはオススメですね~。 心理テストをすれば人の深層心理を知れます。 友達と掛け合いをすれば非常に盛り上がりますよ! 自分に試してみるのも良いですしね!かなり楽しめる遊びです! 道具不要の遊びその9・すべらない話 場を盛り上げたいのなら、 すべらない話がオススメ! 人は誰でも一つ位、すべらない話を持っているもの!そんな、すべらない話を披露しあってみましょう! すべらない話って頭を使いますからね!なので時間が過ぎるのが非常に早い! 見事笑いを取れれば場が盛り上がる事間違いなし!非常に楽しめますよ! 道具不要の遊びその10・指相撲 体を動かして遊びたいのなら、 指相撲がオススメ! 手軽に楽しめるうえにかなり楽しめますよ! 腕力は関係ないので、女性も男性も関係なく楽しめます! 相手との駆け引きが重要な戦略になりますよ! スポンサーリンク 道具不要の遊びその11・ケイドロ ケイドロもオススメですね~。 筆者の故郷では 「探偵」と呼ばれていました。 地域によって、呼び名が変わるようですね。 探偵チームと盗人チームに別れて行う壮大な鬼ごっこ! 制限時間までに盗人チームが捕まれば探偵チームの勝ち。 盗人チームが逃げ切れば盗人チームの勝ちになります。 捕まえ方や何人捕まったら負けなど、細かいルールに関しては自分たちで決めるのが一番! ルールを決めている時から楽しくなる遊びですよ! 道具不要の遊びその12・ピンポンパンゲーム シンプルながらも面白い遊びですね~。 道具が不要なのでどこでも楽しめます。 特に、お酒の席でやると非常に盛り上がりますよ!皆酔いだすとミスを連発しますからね(笑) ルールに関してはコチラの動画をご覧下さい。 とっても楽しいので是非遊んでみて下さいね! 道具不要の遊びその13・マルバツゲーム 砂があれば、どこでも楽しめる遊び!砂にマルとバツを書けば、遊びとして成立しますからね! シンプルなルールですし誰でも楽しめます!男女や年齢の壁関係なく、楽しむ事ができる遊びです。 サクッと暇をつぶしたい時にオススメですよ! 道具不要の遊びその14・古今東西 道具が必要な遊びと言えば、 古今東西もオススメ! 山手線ゲームという名前でも親しまれています。 言葉遊びですからね~。 どこでも楽しむ事ができます! ルールが分からない人はコチラのサイトをご覧下さい。 どこでもできる割に非常に盛り上がる! どんな人とでも楽しめるオススメの遊びですよ! 道具不要の遊びその15・一発芸大会 場を盛り上げたいのなら、この遊びがオススメ! 一発芸大会をして笑いを生んでみましょう!大勢の人がいるのなら確実に盛り上がります。 面白い人がいればより一層盛り上がりますしね~。 笑いが好きならば非常にオススメですよ! まとめ いかがでしたでしょうか? 状況によっては道具なしで暇をつぶさないといけない事ってありますからね~。 そんな時、意外と何をしようか迷いますからね。 道具不要で暇つぶししたい時は是非この記事を参考にしてみて下さいね! スポンサーリンク コチラの記事もオススメ!.

次の