レノボ ファンクション キー。 Lenovo ideapad330のファンクションキーを直す方法

パソコンメーカー別「PC起動時」に「BIOSを起動させるキー」の一覧メモ

レノボ ファンクション キー

「ファンクションキー」と「Fnキー」 ではまず 「Fnキー」について解説していく前に、 「ファンクションキー」と呼ばれるボタンについて知っておく必要があります。 「ファンクションキー」というのは、一般的なキーボードであれば上部に必ず搭載されている 「F1」から「F12」までの横並びに配置されたボタンのことです。 「ファンクション」を日本語に訳すと 「機能」といった意味になるんですが、その名の通り 各ボタンに色々と便利な機能を割り当てることができます。 割り当てられている機能に関しては使用中のアプリや表示されている画面によって様々ですが、例えば Webブラウザを使用中に「F5」を押すと 「ページの更新」ができるのは有名かと思います。 そんな 「ファンクションキー」ですが、場合によっては 2つ以上の機能が割り当てられているケースもあるんです。 その割り当てられた 複数の機能を切り替えるためのボタンが「Fnキー」なんです。 「Fnキー」ってなんの意味がある? 「Fnキー」が 「ファンクションキー」の機能を切り替えるための存在だというのはわかりましたが、そもそも このボタンが必要な理由やメリットってなんなんでしょうか? この 「Fnキー」が搭載されている環境としては、 基本的にノートPCのキーボードであることがほとんどです。 ノートPCの場合、時代とともに全体としての サイズ縮小や軽量化が進む一方で、 キーボードのサイズに関してはある程度限界があります。 そういった観点から、 限られたエリア内に十分な機能を搭載するために生み出されたのがこの「Fnキー」というわけです。 そのため、基本的な 「ファンクションキー」としての機能に加えて、 「Fnキー」で切り替えた時の機能としては、 音量の変更や 画面の輝度変更など、 ノートPCにとって便利な機能が割り当てられていることが多いです。 ちなみに操作方法としては、 「Fnキー」と「ファンクションキー」を同時に押す必要があるタイプや、 「Fnキー」を押すたびに機能セットが切り替わるタイプなど色々あります。 デスクトップPCユーザーにはちょっと厄介 一見便利な 「Fnキー」なんですが、 デスクトップPCのユーザーにとってはかなり厄介な存在になってしまうことが多いです。 基本的に デスクトップPC用のキーボードでは配置やエリアにそれほど制限がないため、無理にひとつのボタンに機能を詰め込む必要がありません。 「ファンクションキー」に関しても、基本的には1ボタンに対して1機能が割り当てられているタイプが多いため、 「Fnキー」での切り替え操作に困惑してしまいがちなんです。 ボクがよく実際にイライラしていたケースとして、 テキスト入力時の変換機能があります。 日本語入力ソフトとして 「IME」を使用している場合、例えば 「F8」を押すと半角カタカナに、 「F10」を押すと半角英数字にといった感じで、変換機能のショートカットが割り当てられているんです。 この操作をそのままノートPCで行った場合、機種にもよりますが ロック画面に戻ってしまったり、 機内モードがオンになって通信が遮断されてしまったりと、かなりストレスフルな影響が出てしまいます。 そういった場合、 「ファンクションキー」の切り替え機能の仕様を入れ替えてやることで、デスクトップPCの 「ファンクションキー」の仕様に近づけることができます。 「Fn」キーの機能を切り替える方法 では 「Fnキー」による機能を切り替える方法についてご紹介していきたいと思います。 切り替え方法としては、 キーボードのタイプによっていくつかありますので、自分の使用しているキーボードと見比べながら実施できそうな方法を試してみてください。 「Fnキー」にLEDライトが搭載されている場合 「Fnキー」自体にLEDライトなどが搭載されていて 押すたびにオンとオフが切り替わるタイプの場合は、基本的に設定などを変更する必要がありません。 一旦 「Fnキー」を押しておけば、それ以降は 常に「Fnキー」を押している状態として使用することができます。 起動後に 「 Fnキー 」 を押すという手間はあるものの現在の状態も明確にわかりますし、特に困惑することなく 「ファンクションキー」を操作することができるかと思います。 キーボードに「Fnロック」機能がある場合 キーボードに 「Fnロック」または 「FnLk」といったボタンが用意されている場合にも上記と同様に簡単に切り替えることができます。 ほとんどの場合、 左上の「Esc」ボタンに「FnLk」機能が割り当てられているかと思います。 切り替え方法としては、 「Fnキー」と「FnLk」を同時に押すだけでOKです。 それ以降は、 常に「Fnキー」が押されている状態として認識されるため、いつも通りの 「ファンクションキー」操作が可能です。 Windowsのキーボード設定から変更する場合 「Fnキー」の切り替えに関する機能がキーボード側に用意されていない機種でも、 Windows内の設定から切り替えることができる場合もあります。 以下の手順で確認してみてください。 「スタートメニュー」を開く。 そのままの状態で 「キーボード」と入力する。 検索結果から 「キーボード(コントロールパネル)」を選択する。 「Fnキー」タブを選択する。 「F1~F12キーのデフォルト機能」の項目を現在の設定と入れ替える。 「OK」をクリックする。 これで、 「Fnキー」を押さなくとも 「ファンクションキー」としての機能を使用することができます。 まとめ 今回は 「Fnキー」の意味や機能の切り替え方法について色々と情報をまとめてみました。 機種によって切り替え方法がかなり変わっているため、どうしても変更できない場合は一度パソコン自体の取扱説明書などを確認してみることで判明することもあります。 今まで 「ファンクションキー」の操作に戸惑っていたって方は、変な手クセがついてしまう前にぜひ試してみてください。

次の

「Fnキー」って何…?切り替えが面倒な時の設定方法

レノボ ファンクション キー

レノボ Ideapad 330Sのファンクションキー設定 レノボ Ideapad 330Sのファンクションキーにはこのようなイラストが書かれています。 一般的な感覚では「Fn」キーを押下しながらファンクションキーを押下すると、イラストの機能が利用できると思いますが、レノボのPCのファンクションキーは初期設定の状態だと「Fn」を押下しない場合にイラストの機能が作動するようになっています。 Lenovo Vantageでファンクションキー設定を切り替え 「Ideapad 330S」に初期インストールされている、Lenovo Vantageを利用すると、ファンクションキー設定の切り替えができます。 Lenovo Vantageはスタートメニューの一覧にあるはずです。 Lenovo Vantageを起動すると、LenovoのID・PWの入力を私は最初求められましたが、ログイン状態にするとこのようなトップ画面が起動します。 「ハードウェア設定」のメニューを選択してこちらの画面を開きます。 「入力」を選択してこちらの画面を開きます。 「ファンクション・キー」という項目が見つかると思います。 「キーボードの最上部の行は、次のようにする必要があります。 」と、おかしな日本語が書いてありますが、その下の「ホット・キー」の選択から「F1~F12」に切り替えをすることで、ファンクションキーの設定が一般的なものに切り替え完了となります。 ファンクションキーを押してイラストの機能を利用できる状態に戻したい場合は「ホット・キー」を再度選択すればOKです。 まあ、「ホット・キー」として割り当てられている機能は「Fn+ファンクションキー」の同時押しで利用できるので、使う人は少ないと思いますが・・・ Lenovo Vantageでファンクションキーの設定が切り替えできることを紹介している記事は少ないみたいなので、こちらの内容が読者の方の参考になれば幸いです。 もし、この方法ではうまくいかないという方がいたら、こちらの記事も参考にしてみてください。

次の

LenovoのPCでFnロックで固定されたファンクションキーを解除する方法

レノボ ファンクション キー

1 ISOファイルがダウンロードできます。 DVD或いはUSBメモリに焼いてからご使用ください。 プロダクトキーの入力が求められる場合があります。 Windows10 USBメモリ8GB以上を用意し、ツールをダウンロードしておくと便利です。 DVDに焼くためのISOファイルのダウンロードも可能です。 再インストールの場合、プロダクトキーは必要ありません。 終了時のShiftキー 「オプションの選択」画面を出し修復作業を行いたい Shiftキーを押しながら再起動する。 ノーマルスタートアップ(高速でない)したい Shiftキーを押しながらシャットダウンし再度電源入れる。 動作が不安定な場合、安定するかも知れません。 Windowsが起動ができないでいる時はインストールメディアで起動する。 Windowsが起動ができている時はShiftキーを押しながらシャットダウンし再度起動する。 (高速スタートアップを切った状態で次回起動) BIOS画面の表示 メーカーロゴマークが出たら直ぐに<F2>を連打する。 セーフモードでの起動 Windows8. 1、10では<F8>キーは使えません。 起動出来ている事が前提です。 起動デバイスの選択 メーカーロゴマークが出たら直ぐに<F12>を連打する。 ブート切り替え画面を出せない時はBIOS画面を出しブート順位を変更する。 Windowsが起動しない時 1.異常音はしないか ビープ音がする場合そのパターンで障害箇所が解ります。 (メーカーマニュアルで確認してください) カチャカチャ或いはこする音はハードディスクが破損しています。 複数枚付いている場合は1枚外して起動して見ましょう。 それでダメなら外したメモリに取り換えて見ましょう。 6.最後の手段はクリーンインストール !この作業は上級者に依頼するのが無難です! データをバックアップしましょう。 (HDDを取り外しHDDケースなどを利用します) インストール用DVD(USBメモリ)から起動します。 ハードディスクはフルFormatしましょう。 クリーンインストール開始です。 復旧後に各種ソフトウェアのインストールと設定が必要となります。 7.マイクロソフト コミュニティへの質問 旧機種ですが、ご参考に残しております。

次の