動画配信サービス キャリア決済。 クレジットカードなしで登録できる動画配信サービス比較【2020】

『ソフトバンクまとめて支払い』対応のおすすめ動画配信サービスは?

動画配信サービス キャリア決済

でした。 中でも唯一、 Paravi(パラビ)は『アンナチュラル』を見放題作品として配信しています! U-NEXT・dTV・ビデオパス・GYAO! はレンタル作品扱いですので、追加料金がかかってしまうんですね。 では、次の項目よりそれぞれのVODサービスについて詳しくみていきます! 「アンナチュラル」の動画配信をしているParavi(パラビ)とは? 「アンナチュラル」の動画配信を提供しているParaviとは、一体どのようなサービスなのでしょうか。 以下の点について解説します。 サービスの特徴• 無料期間• 無料会員から有料会員への変更タイミング• 通常契約の料金• 支払い方法• 視聴可能な端末 Paraviの特徴 TBS、日本経済新聞社、テレビ東京、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資している「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」が運営している日本のインターネットテレビサービスです。 視聴できる番組ラインナップには、民放の2局が出資していることもあり、TBSとテレビ東京の人気番組が充実しています。 ドラマはもちろん、バラエティ番組やスポーツ中継、アニメも配信。 オリジナルコンテンツも随時制作しており、TV好きにはたまらないサービス内容となっています。 無料期間 登録後 30日間は無料でサービスを利用できます。 無料期間中に解約しても一切料金はかかりません。 なお、 無料期間は初回登録の方のみが対象となっているのでご注意ください。 有料会員になる予定がない場合は、 30日間の無料期間中に解約し忘れないように気を付けましょう。 通常契約の料金 月額925円(税抜き)の定額見放題制となっています。 レンタル作品に関しては都度課金が必要なのですが、通常契約のベーシックプランに登録すると毎月の利用料金決済日に一部レンタル作品を視聴できるチケットが配布される嬉しいサービスが付いています。 「アンナチュラル」は月額925円(税抜)のプランで視聴できます。 アンナチュラルをみるならParaviで! アンナチュラルは Paravi (パラビ)で配信中。 Paraviは 30 日間なら無料で利用できます。 「さっそく見てみたい!」という方は以下からご利用ください。 「アンナチュラル」の動画配信をしているU-NEXTとは? U-NEXTとは一体どのようなサービスなのでしょうか。 下記の点について解説していきます。 通常契約の料金• 配信している動画の本数や種類は?• 支払い方法• 視聴可能な端末• 最大4人まで同時視聴可能 U-NEXT U-NEXTは動画だけでなく、本や雑誌、音楽まで幅広く楽しむことができるVODサービスです。 初めて登録する人限定になりますが、無料お試しキャンペーンも実施しています!(無料と記載があるもののみ無料で視聴可能) 具体的にどのようなサービスなのか解説します。 通常契約の料金 ビデオ見放題サービスの月額利用料は1,990円(税抜)で、これが通常契約の料金です。 このプランには「見放題作品の視聴」「雑誌読み放題サービスの利用」「1200ポイント付与(初回無料時は600ポイント付与)」が含まれています。 U-NEXTは料金が高いと思われがちですが、ポイントを差し引くと実質の月額料金790円なので、他のVODサービスと比べても大きく変わりません。 ポイントは見放題作品とは別の有料動画や電子書籍の購入に使えます。 つまり、有料扱いになっているレンタル作品も毎月もらえるポイントを使えば、追加料金なしで見ることができるのです。 配信している動画の本数や種類は? U-NEXTでは、現在放送中の番組の無料配信や、過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、国内外の映画など数多くの作品を 150000本以上配信しています。 更新日現在の動画配信数は以下のとおり。 ジャンル 見放題 レンタル 洋画・邦画 6900 1500 海外ドラマ 580 270 韓流・アジアドラマ 850 110 国内ドラマ 630 410 アニメ 2300 220 キッズ 850 10 その他 15000 3000 電子書籍の配信状況は以下のとおり。 雑誌見放題:70誌• 漫画:160000作品• 書籍:150000作品• ラノベ:10000作品 150000作品という数字は、他社を圧倒する作品数になっています。 この1200ポイントは見放題では見れないレンタル作品を見るときに利用します。 ただし、初回無料時に付与されるのは1200ポイントではなく600ポイントなので注意です。 支払い方法 支払い方法は「クレジット」「キャリア決済」「Amazon. jpでの支払い」「U-NEXTプリペイドカード・ギフトコードでの支払い」の4つでした。 クレジット クレジットは、Visa/Master Card/JCB/アメリカン・エキスプレス/ダイナースクラブカードの5つのカードが使えます。 キャリア決済 キャリア決済は、ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払いの4つの方法が使えます。 Amazon. jpで支払い Amazon Fire TVとFire TV Stickを利用する場合のみですが、Amazon. jpで支払いすることができます。 子アカウントへの購入制限は適用されないので注意が必要です。 U-NEXTプリペイドカード・ギフトコードでの支払い コンビニなどで購入できるプリペイドタイプの支払い方法です。 クレジットカードがなくてもサービスを利用できます。 視聴可能な端末 見ることができる端末は以下の4つです。 テレビ• スマートフォン・タブレット• ゲーム機(PlayStation4・PlayStation4 Pro)• パソコン 最大4人まで同時視聴可能 U-NEXTは、ファミリーアカウントという仕組みがあり 最大4人まで同時視聴が可能です。 契約者を親アカウントとして、3つまで子アカウントを作成することができます。 家族で最大4アカウントを利用できるので、1人あたり実質約500円で利用できますね。 複数アカウントで同時再生でき、家族みんなで同時に利用できます。 子アカウントではR指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示していません。 子アカウントではレンタル作品の購入はできません。 「アンナチュラル」の動画配信をしているdTVとは? dTVとは、NTTドコモが提供する国内最大級の映像配信サービスです。 映画、ドラマ、アニメの他にもdTVのオリジナル作品や人気アーティストのミュージックビデオなど多くのジャンルが揃っています。 また、テレビだけでなく、スマートフォンやタブレット、パソコンなど様々なデバイスで利用できるのでいつでもどこでも楽しむことができます。 無料期間 登録後 31日間は無料でサービスを利用できます。 無料期間中に解約しても一切料金はかかりません。 なお、 無料期間は初回登録の方のみが対象となっているのでご注意ください。 無料会員から有料会員に変更されるタイミング では、無料期間が終了すると自動的に有料会員へと移行し、 月額料金540円 税込 が請求されます。 有料会員になる予定がない場合は、 31日間の無料期間中に解約し忘れないように気を付けましょう。 通常契約の料金 月額540円(税抜)の定額見放題制となっています。 ドコモケータイの回線を持っていない方でも登録することができ、 この安さで12万作品以上が見放題となっています。 オリジナル作品の豊富さやdポイントが貯まるという点ではとても良いサービスと言えます。 しかし一方で、 最新作は課金が必要になる場合が多いので最新作を見たい人にはおすすめできません。 高い! 支払い方法 dTVで利用できる支払方法は、主に「クレジットカード」になります。 ドコモの回線契約がある ドコモケータイ払い 月々のケータイ料金と合算して支払うことができます。 dポイントがたまってお得なので、ドコモ回線契約をしている人は、d払いがおすすめです。 スマートフォン• タブレット• パソコン• テレビ 「アンナチュラル」の動画配信をしているビデオパスとは? 「アンナチュラル」が配信がされるビデオパスとは一体どのようなサービスなのでしょうか。 下記の点について解説していきます。 月額料金• 支払い方法• 視聴可能な端末 ビデオパス ビデオパスはauが運営する動画配信サービスです。 以前まではau会員限定のサービスでしたが、2018年8月2日よりau以外のユーザーも登録可能となりました。 また初めて登録する人限定で、30日間無料お試しキャンペーンも実施しています! また、KDDIとテレビ朝日は業務提携しているので、 テレビ朝日の作品が多いのも特徴です。 月額料金 ビデオパスの月額料金は562円+税。 見放題対象作品はこの月額料金のみで見れちゃいます。 ここに、レンタル作品の追加料金がかかってくる形になりますが、なんと 毎月540円分のレンタル作品に使える540円分のポイントがもらえちゃいます! 最新作も平均500円のレンタル料金なので、実質ほとんど無料で1本見れちゃうということになります。 これはお得ですね! 月額料金だけ見ても、他社もポイント制度があったりするとはいえ、 562円+税はとても安いと言えると思います。 支払い方法 支払い方法は「auかんたん決済(キャリア決済)」「かんたん決済(クレジットカード必須)」2つでした。 つまり、auユーザーかそうでないかで支払い方法が分かれる形となります。 そもそも、ビデオパスの登録には下記のIDの登録が必要となります。 auユーザー・・・ au ID• それ以外のユーザー・・・ Wow! ID どちらに登録したかによって、支払い方法が変わってくるということですね。 【auユーザーの方】auかんたん決済(キャリア決済) auかんたん決済とは、au IDを使用してビデオパスに登録している方に限って、 毎月の携帯代金と一緒にビデオパスの料金を支払える支払い方法になります。 もちろん、auかんたん決済の支払いにはクレジットカードを選ぶこともできます。 【auユーザーではない方】かんたん決済(クレカ必須) かんたん決済とは、Wow! IDを使用してビデオパスを登録している人の支払い方法で、こちらは クレジットカードでのお支払いのみ選択可能となっています。 視聴可能な端末 ビデオパスを見ることができる端末は以下の3種類です。 テレビ• スマートフォン・タブレット• パソコン 「アンナチュラル」の動画配信をしているGYAO! とは? 「アンナチュラル」の配信を提供しているGYAO! は、無料でテレビドラマやバラエティの見逃し配信・映画・ドラマ・アニメなどを配信中のサービスです。 ただ無料ですので、 15分〜20分ごとに15秒程度のCMが入ります。 また、 配信動画には期限もあり、基本的に1週間となります。 通常動画配信サービスに料金はかかりません。 ただし、通信費は自己負担となります。 GYAOは基本的に無料であるため、動画配信のために支払う費用はありません。 また、無料でみれる動画以外にも有料でレンタルできる「GYAO! ストア」という有料サービスもあります。 「アンナチュラル」はGYAO!ストアで有料配信しています!全話パックが1620円(税込)、1話ずつだと1話324円(税込)で配信しています。 どちらも配信期限があるので注意してください! 視聴可能な端末 視聴可能な端末は以下の4つです。 テレビ• スマートフォン• タブレット• パソコン 「アンナチュラル」のあらすじとキャスト 「アンナチュラルとはどんなドラマなの?」という方のためにあらすじ・キャストを紹介していきます。 あらすじ 「アンナチュラル」のあらすじは以下の通り。 三澄ミコト(石原さとみ)は、死因究明のスペシャリストである法医解剖医。 彼女が許せないことは、「不自然な死 アンナチュラル・デス 」を放置すること。 日本に新設された「不自然死究明研究所 UDIラボ 」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリー。 tbs. 不自然死究明研究所 UDIラボ のメンバー 【主演:法医解剖医】三澄ミコト(みすみ みこと):石原さとみ(幼少期:稲垣来泉) 【法医解剖医】中堂系(なかどう けい):井浦新 【新人記録員】久部六郎(くべ ろくろう):窪田正孝 【臨床検査技師】東海林夕子(しょうじ ゆうこ):市川実日子 【臨床検査技師】坂本誠(さかもと まこと):飯尾和樹(ずん) 【所長】神倉保夫(かみくら やすお):松重豊 その他 【フォレスト葬儀社の社員】木林南雲(きばやし なぐも):竜星涼 【『週刊ジャーナル』の編集者】末次康介(すえつぐ こうすけ):池田鉄洋 【ミコトの養母かつ実父の妹(叔母)】三澄夏代(みすみ なつよ):薬師丸ひろ子(特別出演) 【ミコトの義弟(従弟)】三澄秋彦(みすみ あきひこ):小笠原海(超特急) 【フリー記者】宍戸理一(ししど りいち):北村有起哉 【西武蔵野署の刑事】毛利忠治(もうり ただはる):大倉孝二 【西武蔵野署の刑事】向島進(むこうじま すすむ):吉田ウーロン太 【『週刊ジャーナル』の記者】門松(かどまつ):今井隆文 【中堂の恋人】糀谷夕希子(こうじや ゆきこ)〈33歳没〉:橋本真実 「アンナチュラル」動画配信情報まとめ 「アンナチュラル」は Paravi(パラビ)・U-NEXT・dTV・ビデオパス・GYAO!で動画配信中です。 以下が、無料期間を利用して最も安く「アンナチュラル」を見たときの料金になります。

次の

【動画配信サービスの支払い方法比較】クレジットカードなしでも登録できます【誰でも使えるVOD】

動画配信サービス キャリア決済

クレジットカード• ドコモ払い(キャリア決済)• auかんたん決済(キャリア決済)• ソフトバンクまとめて支払い(キャリア決済)• デビットカード• iTunes Store決済• Yahooウォレット• PayPal• Amazon決済• プリペイドカード 動画配信サービスの支払い方法には上記のように様々な支払い方法があります。 残念ながら 銀行引き落とし(現金振替)はどのサービスも扱っていません。 ネット通販などでは支払い方法が7割程度がクレジットカードですが、動画配信サービスの場合は代金引換や後払いが不可能なのでほとんどがクレジットカード決済です。 直接クレジットカードを使わなくても、最終的にはクレジットカードでの決済になる支払い方法も多いので、 クレジットカードをお持ちであればどのサービスも利用可能です。 キャリア決済に対応している動画配信サービス キャリア決済(携帯決済)とは、携帯電話の3大キャリア(docomo・au・ソフトバンク)のサービスで、月々支払っている携帯料金と合算してサービスの利用料金を支払う方法です。 クレジットカードの番号を入力する手間がない• 未成年であっても携帯電話の支払いができれば利用可能 といったメリットがあります。 学生などクレジットカードを持つことが難しい人や、できるだけネットでの決済には現金で行いたい方にとっての数少ない支払い方法となります。 3キャリア全てに対応しているのは・・・・です。 現金を持ち運ばなくてもよい• 銀行口座の残高以上に使い込む心配がない• ポイント付与やキャッシュバック付きのカードもあるので現金払いよりお得• 利用時に即座にメールが届くので安心、不正利用にもすぐ気づける• 海外ATMで現地通貨を引き出せる• 年齢制限がクレジットカードよりも低い(15歳以上) といったメリットがあります。 ですが、 デビットカードに対応している動画配信サービスはほとんどありません。 クレジットカードと非常によく似ていてカード番号もあるので、決済出来て当然と思い込んでしまいそうですよね。 クレジットカードは「与信」という信用確認のデータ確認が裏で動いています。 確認先がクレジットカード会社ではなく銀行に変わるため、別でデビットカード専用の与信システムを用意しなければならず、いまいち普及に至っていません(対応するには各動画配信サービスが独自にシステム構築が必要になるので、動画配信サービスにとって投資対効果が悪いのです)。 iTunes Store決済は導入しているサービスがほとんどありません。 Apple ID自体の決済方法が、クレジットカード・デビットカード・キャリア決済・iTunesカードとなっているため、間に余計な決済方法を一つ挟むだけになってしまうからです。 PayPal(ペイパル)に対応している動画配信サービス PayPalはインターネット上での決済システムとして老舗のサービスです。 世界で2億5000万人以上が利用している安心の決済サービスです。 カード番号の入力が不要なので簡単• 口座振替も可能• 安全に利用できる(セキュリティが高い) といったメリットがあります。 クレジットカードを持たずに決済できる手段としては有効ですが、残念ながら対応サービスはごく限られています。 こちらも決済のためのシステムを準備する必要があり、既存の決済方法を超えるメリットを動画配信サービス側では見出すことができないこともあって、ほとんど導入されていないのが現状です。 同じくクレジットカード無しでも口座登録をすればIDとパスワードで決済できるのですが、利用者自体も少なく、あえて対応する必要性も低いことから対応を見合わせる動画配信サービスがほとんどです。 多くの人が一度はAmazonを利用したことがあると思います。 購入の際には会員登録が必要で、その際発行されるのがAmazon IDです。 このアカウントに紐づけられている決済方法をIDとパスワードを入力すれば決済できるようにしているのがAmazon決済です。 Amazonの利用者が多い分、対応しているサービスも比較的多い傾向はありますが、どんどん増えていってる感じではありません。 具体的には先にコンビニなどで専用のカードを購入し、決済時にはカードに記載されているコードを使用して決済します。 コンビニで購入できるため、最も手軽に利用できる決済手段。 クレジットカードで支払わない場合の有力な決済方法• 自動継続されないため、一時的な利用に向いている 特におすすめなのはNetflixでの利用です。 Netflixはオリジナル作品の制作に力を入れています。 ですが、一般作品のラインナップは他社が圧倒的に良いため、レンタルビデオ店でビデオのレンタルをするように、1か月だけアカウントを有効化してその間にオリジナル作品を見切ってしまう、というものです。 普段はコンテンツが豊富なやを使っておき、一時的に観たいコンテンツの分だけ見るのに使う、という使い方です。 対応しているサービスが少ないため、「使えたらラッキー」程度のものです。 基本となる支払い方法はクレジットカードですが、クレジットカードの利用に抵抗があったりそもそも持つことができないケースは少なくありません。 ですので、実質的に動画配信サービスの支払い方法といえば、 「キャリア決済」と「プリペイドカード」の2択と考えて支障ありません。 継続的に利用しそうな場合 キャリア決済 一次的に利用したい場合 プリペイドカード 格安SIM(サブブランド以外)を使っている プリペイドカード キャリア決済は格安SIMでは使えません。 auのサブブランドであるUQモバイル、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルでは利用可能ですが、それ以外の格安SIMを使っている場合で、クレジットカードを使いたくない場合はプリペイドカードを使うことになります(その他の決済方法も利用できない場合)。 先払いと後払い:支払いタイミングについて 支払いタイミング U-NEXT 後払い Hulu 先払い Netflix 先払い dTV 先払い(非回線ユーザー) 後払い(回線ユーザー) プライムビデオ 先払い dアニメストア 先払い(非回線ユーザー) 後払い(回線ユーザー) FODプレミアム 先払い TELASA ビデオパス 先払い Paravi 先払い ビデオマーケット 先払い TSUTAYA TV カード:先払い キャリア決済:後払い DMM見放題chライト 先払い 観劇三昧 先払い 支払いが発生するタイミングが先払いになるか、後払いになるかもサービス毎に異なります。 先払い メリット デメリット 解約時に後から請求が来ないのでわかりやすい 先に料金だけ支払うことになり、返金もされないことが多い 先払いはどちらかといえばサービス側に有利な支払い方法です。 サービスは基本的に月単位ですが、以外は返金に対応していません。 1日を請求日としてその月の月末までの利用料を1日時点で支払う形が比較的多いです。 解約時も次月から請求が一切こなくなるためわかりやすく誤解も生まれにくいというメリットがあります。 後払い メリット デメリット 使ったことに対する支払いなので納得感がある・返金が発生しない 解約後、次の請求日に最後の月の請求が来るので勘違いしがち 使ったことに対して支払う形になるのでユーザー側に有利な支払い形態です。 初回の請求日が翌月となります。 解約後、翌月の請求日に前月まで利用していた月の分の料金が発生します。 請求日 支払いタイミング U-NEXT 毎月1日 Hulu 無料期間終了の翌暦日 Netflix 無料期間終了の翌暦日 プライムビデオ 無料期間終了の翌暦日 dTV 毎月1日 dアニメストア 毎月1日 FODプレミアム 無料期間終了の翌暦日 TELASA ビデオパス 無料期間終了の翌暦日 Paravi 無料期間終了の翌暦日 ビデオマーケット 毎月1日:ソフトバンク以外 無料期間終了の翌暦日:キャリア決済(ソフトバンク) TSUTAYA TV 毎月1日:クレジットカード 毎月2日:キャリア決済(au・docomo) 無料期間終了の翌暦日:キャリア決済(ソフトバンク) DMM見放題chライト 無料期間終了の翌暦日 観劇三昧 無料期間終了の翌暦日 請求が発生するタイミングも各社分かれています。 無料期間はどのサービスも設定していますが、毎月固定で請求日が1日に固定されているサービスと、無料期間が終わった翌日に毎月請求が起こされるサービスがあります。 尚、無料期間が終わるのが31日など、月によって存在しない日になる場合、その月は末日に請求されます。 動画配信サービスの支払い方法のまとめ• 基本的にクレジットカード払いであればどのサービスも利用可能• 多数の支払い方法があるが対応しているサービスが少ないため、クレジットカードで支払わない場合は基本はキャリア決済かプリペイドカードの2択と考えてよい• プリペイドでの支払いを選択すればクレジットカード無しでも契約可能だが無料期間が利用できない• サービスによって後払いと先払いに違いがあり、後払いの場合は解約後も1回だけ請求が来る• 請求日は毎月1日固定になるサービスと、無料期間が終了した翌暦日になるサービスがある。 翌暦日が存在しない日(29日・30日・31日)になる場合、末日が請求日になる 参考 参考 参考 参考 参考 参考 コラム:支払い方法の差が出る理由 料金の支払い方法は多数の種類があるにもかかわらず、各社対応状況がバラバラです。 どうせならすべての決済方法に対応している方が有利だと思いませんか? なぜ、このようなことになるかというと、「決済の手数料が高いところを避けたい」からです。 クレジットカードは比較的決済手数料が安く、利用者が多いので基本の支払い方法とするサービスが多いのです。 クレジットカード決済以外であれば、特別な条件で手数料を安く設定できた場合に導入されます。 加えて決済サービスの導入にはシステム上の対応(決済モジュールの開発)が必要になることがほとんどで、開発のため初期投資が必要になります。 我々ユーザーは普段決済手数料についてあまり意識はしないとおもいますが、決済システムの対応の裏側には動画配信サービスが負担するコストがあるのです。 逆に言えば、多くの支払い方法に対応しているというのはそれだけシステムの対応力が高く、停止しにくく(システム障害に強い)セキュリティ面も強固(漏洩などのリスクが低い)なサービスともいえます。 ほとんどの支払い方法に対応しているのは と です。 サービス検索• 600円以下 5• 1200円以上 2• 1200円以下 11• 無料お試し期間が30日以上 6• クレジットカード以外で支払い可 11• 完全定額 4• レンタル作品あり(新作が早い) 9• オリジナル作品あり 6• 電子書籍や漫画もあり 2• アダルト作品あり 4• ダウンロード可 10• 複数名で同時に再生可能 4• 倍速再生あり 6• ブルーレイ並みの画質 8• オープニングスキップ 2• 海外作品に英語字幕可 2•

次の

クレジットカードなしで利用できる動画配信サービスを比較

動画配信サービス キャリア決済

結論から申し上げると、 基本的にどの動画配信サービスでもクレジットカードがご利用いただけます。 しかし中にはクレジットカードを利用せずに、 クレジットカードなしで支払いを済ませたいという方も一定数存在するはずです。 そこで今回は各社の決済方法について詳しく紹介します。 まずは以下の表をご覧ください。 動画配信サービス 支払い方法 U-NEXT ・クレジットカード ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い ・Amazon. jp ・AppleID ・ギフトコード・U-NEXTカード Netflix ・クレジットカード ・デビットカード ・プリペイドカード ・Netflixプリペイド・ギフトカード ・PayPal ・iTunes Hulu ・クレジットカード ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い ・PayPal ・iTunes ・Amazon. jp ・Huluチケット ・Yahoo! ウォレット AmazonPrimeビデオ ・クレジットカード ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・OkiDokiポイント JCB FODプレミアム ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い ・Amazonアカウント ・楽天ペイ ・iTunes ・Yahoo! ウォレット dTV ・クレジットカード ・ドコモ払い dアニメ ・クレジットカード ・ドコモ払い TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS ・クレジットカード AbemaTVプレミアム ・クレジットカード ・iTunes ・Amazonアカウント ・Google Pay DAZN ・クレジットカード ・auWALLET ・iTunes ・Google Pay ・Amazonアカウント 各社決済方法を一覧でまとめました。 やはり、U-NEXTやNetflixなどのメジャーな動画配信サービスほど支払い方法の種類が豊富であることが分かります。 動画配信サービス各社の主な支払い方法はクレジットカードとキャリア決済です。 動画配信サービス各社の料金は? 支払い時に確認しておきたい動画配信サービス各社の料金についてもまとめました。 ここでは映画・ドラマなどを主としている動画配信サービスの月々の料金をランキング形式で紹介しています。 順位 動画配信サービス 料金 1位 AmazonPrimeビデオ 500円 税込 2位 dTV 500円 税抜 3位 Netflix 800円 税抜 4位 FODプレミアム 888円 税抜 5位 TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS 933円 税抜 ~ 6位 AbemaTVプレミアム 960円 税抜 ~ 7位 Hulu 1,026円 税込 8位 U-NEXT 1,990円 税抜 AmazonPrimeビデオやdTVはお財布に優しい一方、U-NEXTやHuluは少しお高めの印象です。 動画配信サービスは各社で配信作品数や画質が異なるので高いからダメ、と一概に判断することはできません。 ここはひとつ、コストパフォーマンスの面で考えるべきだと思います。 ちなみにU-NEXTは配信作品数が最も多いです。 動画配信サービスのクレジットカード払いについて クレジットカード払いとはご存知の通り クレジットカードで支払える決済方法です。 ご自身で持っているクレジットカードひとつで一瞬で支払いを完了できます。 クレジットカードには主に5種類のメジャーなものが存在します。 VISA(ビザ)• Mastercard(マスターカード)• JCB(ジェーシービー)• American Express(アメリカン・エキスプレス)• Diners Club(ダイナースクラブ) 上にあげた5つのクレジットカードは 5大国際ブランドと呼ばれており、動画配信サービスでは主にこの5つが利用できるようになっています。 以下の表で動画配信サービス各社にてご利用可能なクレジットカードをまとめて紹介しました。 動画配信サービス 利用可能なクレジットカード U-NEXT ・Visa ・Master Card ・JCB ・American Express ・Diners Club Netflix ・Visa ・Master Card ・JCB ・American Express ・Diners Club Hulu ・Visa ・Master Card ・JCB ・American Express ・Diners Club AmazonPrimeビデオ ・Visa ・Master Card ・JCB ・American Express ・Diners Club FODプレミアム ・Amazon Pay ・Yahoo! Visa• Master Card• JCB• American Express• Visa• Master Card• JCB• American Express の4つの種類のクレジットカードがご利用いただけます。 やはりここでもメジャーな動画配信サービスの方が利用できるクレジットカードの種類が豊富であることが分かります。 動画配信サービスのキャリア決済について クレジットカードと同様に、インターネットでの決済方法でメジャーなものと言えばキャリア決済です。 携帯電話料金と合算で支払いをしてくれるため、非常に簡単に支払いを済ませることができ、近年ではクレジットカードを利用できない層の取り込みが顕著です。 以下の表に動画配信サービス各社にてご利用可能なキャリア決済をまとめて紹介しました。 主に利用いただけるキャリア決済は• ドコモ払い• auかんたん決済• ソフトバンクまとめて払い• ワイモバイルまとめて払い です。 動画配信サービス 利用可能なキャリア決済 U-NEXT ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い Netflix ・キャリア決済未対応 Hulu ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い AmazonPrimeビデオ ・ドコモ払い ・auかんたん決済 FODプレミアム ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い dTV ・ドコモ払い dアニメ ・ドコモ払い TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV ・ドコモ払い ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い AbemaTVプレミアム ・GooglePayアプリ内課金 ・iTunes Store決済 DAZN ・GooglePayアプリ内課金 ・iTunes Store決済 Netflixに関してはキャリア決済に対応してはいないものの、auとソフトバンクにおいて、パートナー課金というプランが用意されています。 データ容量プランと同時にNetflixにも加入できるプランのことです。 auでは、• 「auデータMAXプラン Netflixパック」• 「auフラットプラン25 NetflixパックN」• 「auフラットプラン25 Netflixパック」 というプランが用意されています。 また、Abema TVプレミアムとDAZNに関しては• GooglePayアプリ内課金• iTunes Store決済 を通じて間接的にキャリア決済を行うことも可能です。 ここで利用できるのはドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払いです。 【U-NEXT】支払い・決済方法を紹介 支払い・決済方法 ・クレジットカード ・ドコモ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い ・Amazon. jp ・AppleID ・ギフトコード・U-NEXTカード U-NEXTは 支払い方法の柔軟性が最も高い動画配信サービスです。 U-NEXTではクレジットカード5社が利用でき、キャリア決済4社でご利用いただけます。 この事からどなたでも支払い方法に困ることのない動画配信サービスと言えます。

次の