もちもち の 木 あらすじ。 もちもちの木 半日村 滝平二郎 さん 死去

特定非営利活動法人もちもちの木の老人ホーム・介護施設【介護のほんね】

もちもち の 木 あらすじ

立地・利便に関係する条件 ・駅から徒歩15分以内(駅まで平坦) ・100平米以上 ・正方形または長方形 ・通勤時間が1時間以内(ドア to ドア) 駅まで距離と広さは言うまでもないと思うので、他の二つにこだわった理由を書きます。 土地の形にこだわる理由 私が土地の形にこだわっているのは異形の土地だと 設計の自由度が下がり、理想の 間取りを作る時の支障になるからです。 これは決して 異形の土地が悪いと言っていることではなく、設計のうまい人やアイデアマンであれば上手に使うことができ、四角の土地よりもコストが抑えられ、その分住設等に費用が回せます。 ただ、私は設計から数年離れているし、勉強したといっても大学の勉強レベルの知識しかないので、土地を買ってから家を建てる以上、そのリスクを土地購入の段階で負う 覚悟がなかっただけです。 (住宅メーカーに土地探しを頼めばそんな心配しなくていいんですけどね。 ) 通勤時間にこだわる理由 これも言うまでもないような気がしますが、通勤に時間を割くことは 人生の無駄使いかなと考えています。 通勤は住む場所によって拘束される時間がかわってしまいます。 人間の時間は有限です。 貴重な家族との時間を割いてまで通勤したくはありませんでした。 仮に時間がかかったとしても 始発駅などを選んで通勤時間を有効に使おうと考えていました。 土地の比較 立地・利便について私が契約することに決めた土地はどうだったのでしょうか。 私は2つの土地を最後まで比較していたので、 契約した土地を土地A、 見送った土地を土地Bとして書きたいと思います。 正直、立地・利便に関する条件だけであれば値段の問題はあるものの、いくらでも見つかると思います。 土地Aも 土地Bもすべての条件を満たしていました。 ではそれ以外の差があったのかというと、.

次の

モチモチの木

もちもち の 木 あらすじ

外にあるせっちんの横には、大きな大きなモチモチの木が、幽霊のように空一杯に枝を伸ばしています。 両親を亡くした豆太は、やさしいおじいさんと2人で暮らしています。 「じさまぁ」 どんなにぐっすり眠っていても、豆太がそう呼ぶとせっちんに連れて行ってくれるおじいさん。 ところがある日、大すきなおじいさんが倒れてしまい…。 本当の思いやりとは、やさしさとは何なのか、美しい切り絵の世界で描く名作絵本。 『モチモチの木』(1971)の内容要約 「モチモチの木」は、山の中に暮らすおじいさんと孫をモチーフとした物語です。 お互いを想い合う優しさが、臆病な豆太にある夜、奇跡を起こします。 要約1. 臆病でよわむしな男の子、豆太 物語の主人公は、峠の猟師小屋でじさまと暮らす5歳の男の子、豆太。 両親を亡くし、じさまと2人暮らしの豆太は、夜中にひとりでトイレに行くことができません。 豆太のお父さんは、熊と戦って亡くなったほどの度胸ある人物。 64歳になるじさまも、カモシカを追いかけ、岩から岩を飛び回るほどの勇敢な男性です。 「どうして自分だけがこんなに憶病なんだろう…」 外のトイレの横に立つ、大きなモチモチの木を怖がりながら、豆太はそう思うのでした。 要約2. 強くやさしいおじいさん ところがある晩、いつも強いおじいさんが腹痛で苦しみ出してしまうのです。 11月にあたる霜月の真夜中、外には暗く、冷たい闇夜が広がっています。 「だいすきなじさまが、しんじまう」 臆病者で、誰よりも怖がりだった豆太は、助けを呼びに真冬の夜道を駆け出していくのでした。 要約3. 豆太の勇気と輝くモチモチの木 痛くて、寒くて、そして何より怖くて…。 泣きながら山道を走っていく豆太。 やっとの思いで、お医者さんを連れてじさまの元へと戻ります。 そこで見たのは、暗い夜空を美しく照らす「モチモチの木にともる灯り」。 それは、山の神様のお祭りの日である、霜月二十日の丑三つ時に、勇気ある子どもだけが見られると言い伝えられていた光景です。 亡くなったおとぅも、じさまも見たというモチモチの木の灯り。 「モチモチの木に、ひがついてる!」 それはまるで、じさまを想う豆太の勇気を称えるかのように、冬の夜空を明るく照らしているのでした。 『モチモチの木』(1971)の主題・テーマは? 長きに渡り、幅広い年代に読み継がれてきた物語、モチモチの木。 美しい切り絵と力強い文章が織り成す物語は、思いやりとやさしさの意味を人々に伝え続けています。 誰かを思いやる強さとやさしさ じさまと豆太は、峠の猟師小屋で貧しくも温かい生活を営んでいます。 豆太を胸に優しく抱くじさまと、安堵した表情でほほ笑む豆太の表紙は、2人の幸せな日々を表すかのようです。 たった一人の大切な家族を守るために、怖がりの殻を破り、泣きながら助けを求めて夜道を駆け抜けた豆太。 「じさまがしんじまうほうが、何よりもこわかったから…」 最後にそう話す豆太の言葉は、本当に大切なものは何なのか。 守らなければならないものは何なのかということを、読み手に伝えるかのようです。 寒い冬の夜、モチモチの木にあかりが灯る瞬間は、豆太と共に、読者もはっと息を飲む感動に包まれることでしょう。 豆太を見守るじさまの言葉 腹痛で苦しむじさまのために、夜道を駆けていった豆太。 最後のページでは、がんばった豆太にじさまはこう伝えます。 「にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねぇことは、きっとやるもんだ…」 いつも憶病だった豆太。 ひとりでトイレにさえ行くことができなかった豆太。 じさまの無骨でありながら温かい言葉は、そんな豆太に、本当の優しさとは何なのかを教えているかのようです。 そして、そのメッセージは豆太を通し、読者のひとりひとりの心に深く刻まれることでしょう。 力強いストーリーと独創的な切り絵の世界 作者である斎藤隆介氏は、力強いメッセージ性を持つ物語を、優しい語り口で綴る著名な作家です。 そして、誰もが一度は目にしたことのある切り絵を手掛けるのは、日本有数の版画家であり、切り絵作家でもある滝平二郎氏。 両氏が手掛けた物語は、他にも「半日村」や「花さき山」など、一度読めば忘れることのできない独特の世界観を誇るものばかりです。 ページ一面をぱぁっと明るく照らすモチモチの木が印象的な本作は、まさに両氏の代表作であると言えるでしょう。 【ネタバレあり】『モチモチの木』 1971 の感想とレビュー 「モチモチの木」には、子どもをきっかけに再び物語と出会った、読者の感動の声が多く寄せられています。 その喜びは、これからも年代を越え、多くの子どもたちへと読み継がれていくことでしょう。 親から子へ、そして孫へ 息子たちに何度も読み聞かせた絵本です。 孫娘には、物語をしっかりと受け止めることができる時期を選んで読み聞かせました。 最初から最後まで真剣に聞き入ってくれ、孫娘なりに感じる部分があったようです。 豆太の思いやりの気持ちは、こうしてずっと読み継がれていくのでしょう。 数ある絵本の中でも、まさに不朽の名作と言える作品だと思います。 じさまの優しさに胸がじーんと熱くなる 子どもとでかけた本屋さんの絵本コーナーで、久しぶりに見かけた「モチモチの木」。 子どもの頃の記憶をたどると、そこにあるのは「なんだか怖い」というイメージだけでした。 でも、久しぶりに読んでみると、ぱっと明るくなるモチモチの木の美しさにびっくり。 そして、じさまの言葉が心に深く染み入りました。 自分が強くないと、人に優しくすることはできないのですね。 娘も真剣に聞き入っていたので、きっと彼女にとっても大切な一冊になったと思います。 子どもに読み聞かせたい名作 切り絵の世界が印象的ではあったのですが、子どもへの読み聞かせにはいつも他の絵本を選んでいました。 ところが、実際に読んでみると、優しい語り口調にあっという間に引き込まれることに。 親を亡くした豆太に対する、じさまの深い愛情が胸をゆさぶります。 臆病だった豆太が、じさまを想って夜の山を走るシーンには涙が出そうになりました。 斉藤隆介さんと滝平二郎さんの絵本は他にもあるようなので、ぜひ子どもに読み聞かせてあげたいと思います。

次の

もちもちの木には聞き慣れない言葉が多い

もちもち の 木 あらすじ

心温まる話と知って驚愕した• 小学生時代のトラウマ絵本• 今ならわかる、分かるが。 そんなわけで、つい先ほどまで、私はずっとこれはホラー童話だと思っていた 笑。 あらすじを読んで驚愕した。 ただのいい話なのである。 と、すれば私はあの切り絵のもつ異様な画風に恐怖を感じていたというのだろうか。 今調べてみると、娘(小三)の教科書にもしっかり収録されていた。 教科書の転載はコードに触れるかどうかどうか分からないが、一応雰囲気だけ。 あらすじも驚くほど簡単で、爺様と暮らす豆太は気が小さく、夜に見る家の外のでかい木(もちもちの木)が怖い。 ある日、爺様が病気になり、医者を呼びに行くために勇気を振り絞って夜にもちもちの木を通り過ぎる。 そして帰ってくると、もちもちの木に明かりがともっていて(山の神様の祭り)美しい光景を見る。 が、豆太の気は小さいままであった。 という、シンプルな内容で、どちらかというと少年のやさしさと成長を描く「いい話」でホラー要素が全くない。 しかし、何度も言うが、滝平二郎のイラストが怖かったのだろう。 ここで振り返ってみると、おそらく私は、同時期にテレビで放送されていた「まんが日本昔ばなし」と混同しているのではないかと思えてきた。 昔ばなしは自由な画風だったため、こういう切り絵風の回も度々あった。 細い細い記憶をたどっていくと、おそらく私は「キジも鳴かずば」という昔ばなしのアニメと混同している。 こちらの話は、川が毎年氾濫する村に弥平とお千代という親子がいた。 ある時、お千代が病気になるが貧乏で医者も呼べない。 これを見た父親は娘がおはぎを食べたいというのを聞いて、盗みを働きおはぎを作る。 それを食べた娘は回復するが、そのことを手まり歌で「あずきまんまたべた」と歌ってしまう。 これが村人にばれて弥平は結局人柱として殺されてしまう。 川の氾濫は治まるが、長じたお千代は「キジも鳴かずば」という落ちになる。 この病気というキーワードを通じて、もちもちの木のイラストレーションと「キジも鳴かずば」のエピソードが脳内結合し、結果として、ホラーとして記憶されていたのだろう。 因みにどちらも含蓄のある話なので、大人が読んでも面白いと思う。 よくよく考えてみるとガチンコホラーが教科書に載っている訳はなく、初めから間違っていたことになるが長年の疑問が氷解した。 一人探偵ナイトスクープのような展開になってしまったが、一番の驚きは「もちもちの木」が30幾余年を経ても読まれ続けていることだった。 そして、子どもの記憶というのは長く残るもの。 いま、小さい人たちは、自分たちが思っている以上に学習に向いた体質だということを自覚して、勉強してほしい。 今は、何でも覚えるのが大変だ。 (きうら).

次の